事例番号
ap10002
情報更新

溶接工程での車体の着座検知

現場の課題

自動車の溶接⼯程の⾞体着座検知では、ワークが検出⾯にぶつかることを前提にフルメタルボディ(メタルヘッド)の近接センサを使っています。しかし、樹脂ヘッドに⽐べて検出距離が約1/3(*1)と短いため、着座時の⾞体のバタつきにより、安定検出距離範囲から⾞体が離れてしまい検出ミスが発⽣。その都度、設備が突発停⽌し、⽣産性低下の⼤きな原因になっています。
(*1)⼀般的な汎⽤近接センサとの⽐較。

改善の内容

世界最⻑検出距離(*2)を実現したフルメタルボディの近接センサ E2EWシリーズで、⾞体の着座検知を⾏います。フルメタルボディでもM12サイズで7mm、M18サイズ12mm、M30 サイズで22mm(*3)という⻑距離検出のE2EWシリーズなら、着座時に⾞体と近接センサの設置距離が離れても、樹脂ヘッドの近接センサ同等以上の検出余裕度があるので、安定して⾞体を検知できます。
*2. 2019年6⽉現在、当社調べ。*3. 超⻑距離タイプの場合。

  • 溶接工程での車体の着座検知
  • 溶接工程での車体の着座検知
溶接工程での車体の着座検知 溶接工程での車体の着座検知

改善のポイント

近接センサ E2EWシリーズなら従来のフルメタルボディ近接センサに⽐べて約2倍(*4)の⻑距離検出なので、着座時に⾞体がバタついてセンサから離れても検出ミスを起こさず、設備の安定稼働に貢献します。
また、厚⾁メタルヘッド構造なので、⾞体がセンサに近づきすぎて擦れたり衝突しても壊れにくく、⻑寿命により交換頻度を低減できます。
さらに従来⽐60倍(*5)の⻑寿命なスパッタ対策タイプ E2EW-Qシリーズを使えば、スパッタが⾶び散る溶接⼯程の過酷な環境で使⽤しても壊れにくく、センサの交換回数を削減できます。
(*4) 当社従来品 E2EFとの⽐較。(*5) 当社従来品 E2EF-Qとの⽐較。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品