悪環境での「2次元コード」を画像処理をして読取り

  • 悪環境での「2次元コード」を画像処理をして読取り
  • 現場の課題

    次のような現場環境やワークの材質によって「2次元コード」読取りが安定しません。
     ・周囲の明るさが安定しない
     ・加工/洗浄工程後の読取りが安定しない
     ・高速ラインの印字精度が安定しない
     ・粗い表面で印字が安定しない

    改善

    画像処理システム FHシリーズで2次元コードを読取ります。

    お電話でのお問い合わせ

    0120-919-066 クイック オムロン

    改善の内容

    画像処理システム FHシリーズは、安定して2次元コードを読取れる専用アルゴリズムを搭載しています。
    このアルゴリズムで「ハレーション」「低コントラスト」「水滴・油汚れ」「行間ばらつき」「成形ばらつき」の2次元コードにも安定した認識を実現します。

    • 悪環境での「2次元コード」を画像処理をして読取り

    改善のポイント

    悪環境に強い「2次元コード」読取りを実現し、認識率向上と高速化を両立。また、印字品質の評価指標規格 ・ISO/IEC 15415 ・ISO/IEC TR29158に準拠したデータ出力にも対応していますので、読取りだけでなく、印字品質の安定化にも貢献します。

    事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

    事例番号
    ap00237

    使用している商品