事例番号
ap00211
情報更新

温度制御に必要な設計工数、通信プログラム作成工数の削減

現場の課題

使うコンポーネントにより通信コマンドが違い、温度制御のプログラム作成に工数がかかっている。

改善の内容

制御要素(温度制御・モーション制御・計量・安全制御)をNJシリーズ、NXシリーズ、NYシリーズのCPUとNX-I/O+1Sサーボで統合。温度調節器などの専用コントローラをなくし、設計工数や通信プログラムの作成工数を削減し、装置の早期立ち上げにも貢献します。

  • 温度制御に必要な設計工数、通信プログラム作成工数の削減

改善のポイント

統合したシステム/通信を活用することで温度制御の通信プログラムの設計工数削減に貢献します。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品