事例番号
ap00207
情報更新

生産タクトに同期する検査情報のトレーサビリティ

現場の課題

1分間に1,000個の包装能力を持つ錠剤包装機で、生産タクトに影響せずに、全数の検査情報のトレーサビリティを実現したい。

改善の内容

高速制御と情報活用を両立できるシステムを構築。
形NX1のデータベース接続CPUユニットなら、ワンコントローラで高速・高精度な制御と、データベースへの直結でトレーサビリティデータの全数蓄積を同期して実現します。

  • 生産タクトに同期する検査情報のトレーサビリティ

改善のポイント

NX102 データベース接続CPUユニットを使うことで、中継パソコンなしにコントローラとDB(SQLサーバなど)を高速に直結。1分間に1000個の検査情報を抜け漏れなく送信できます。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品