事例番号
ap00185
情報更新

落雷からの停電でもUPSで制御を継続

現場の課題

夏場に発生した落雷により工場での停電が発生。無菌状態の維持が必須の薬品製造装置において、停電により無菌状態を維持するバルブの制御ができなくなりました。
停電からの復旧時、クリーンファンの正常稼働前にバルブが開いてしまうことで無菌状態が失われ、無菌状態の回復までの長時間、製造が止まってしまいました。

改善の内容

無停電電源装置(UPS)の形S8BAにてPLC、バルブを電源バックアップします。
形S8BAからのI/O信号によりPLCと通信することで、停電発生時や復旧時も、所定の状態に達してからバルブの開閉制御できるようになり、停電時からの復旧時、すぐ生産再開できるようになります。

  • 落雷からの停電でもUPSで制御を継続

改善のポイント

DC-DCタイプのUPS S8BAなら、AC-ACタイプに比べ、バックアップしたい機器(*1)だけを効率的にバックアップでき、サイズも小型化できます。
(*1)DC24Vの機器

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品