事例番号
ap00058
情報更新

汚れや傷の検査の自動化(高速画像処理で全数検査)

現場の課題

目視による傷や汚れの抜き取り検査では全数検査ができない。また全数検査をするためには、検査内容によっては計測が終了するまで次の画像が入力できず、結果、ラインの速度が落ちてしまう。

改善の内容

画像センサを導入することで汚れや傷の検査を自動化し、全数検査も可能になります。
高速・高精度な検査が可能な画像処理システム 形FHシリーズなら、ラインの速度を落とさず全数検査を実現します。

  • 汚れや傷の検査の自動化(高速画像処理で全数検査)

改善のポイント

超高速CPU×大容量RAM搭載の形FH-5050 シリーズなら、マルチライン並列処理により、トリガ入力間隔を一般的な画像センサに比べて1/4に短縮します。傷や汚れの検査タクトの短縮に貢献します。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品