Page top

使用上の注意

形OTG-D 分割形零相変流器

・継電器との接続は次の通りに行ってください。k、端子の片側を短絡板で接続してください。次にもう片方のkから継電器のZ1、からZ2に接続してください。

・ケーブルの芯線部がOTG に触れることのないよう、ケーブル絶縁部に貫通させてください。

OTG-N / OTG-D ご使用の前に 3

・分割形の試験端子は、オプションとなります。注文の際には、下記形式で手配ください。

形式 標準価格(¥)
形OTG-D52Tテスト端子 3,000
形OTG-D77Tテスト端子 4,000
形OTG-D112Tテスト端子 5,000

また、ZCTのKからLに向かって試験電線をあらかじめ貫通して設置しておくこともできます。この場合、試験電線は600V以上の絶縁電線を使用し、機械的ストレスが加わらないようにしておくことが必要です。

取りつけ方法

OTG-N / OTG-D ご使用の前に 7

①試験端子をM4×10ねじで変流器本体に取りつけてください。
(両サイド2本必要)

②付属電線を変流器本体へ1回貫通させて上面の取りつけねじ部に取りつけてください。