Page top

KM-N2-FLK

電力量モニタ

KM-N2-FLK

制御盤内向けグローバル対応電力量モニタ

※ Web特別価格提供品

制御盤に新たな価値を

制御盤内の商品仕様に対する共通の考え方“Value Design for Panel” をはじめ各種取組により、制御盤の進化とプロセス革新を実現していきます。

安全上のご注意

警告表示の意味

KM-N2-FLK ご使用の前に 2
KM-N2-FLK ご使用の前に 3

安全上の要点

形KM-N2/N3を安全に使用するために、以下のことを守ってください。

・下記の環境では保管・設置・使用しないでください。
 ・振動、衝撃の影響が大きいところ
 ・不安定なところ
 ・仕様範囲外の温湿度のところ
 ・温湿度変化が激しく、結露・氷結の恐れがあるところ
 ・屋外または直接日光、風雨にさらされるところ
 ・静電気やノイズの影響を受けるところ
 ・電界および磁界の影響をうけるところ
 ・冠水、被油のあるところ
 ・塩水飛沫のあるところ
 ・腐食性ガス(特に硫化ガス、アンモニアガス)のあるところ
 ・粉塵、鉄粉などの多いところ
 ・溶解性液体のあるところ

・端子記号を確認し、正しく配線してください。使用しない端子には何も接続しないでください。

・次の端子の配線には指定の断面積のより線か単線の電線を使用してください。
 KM-N2の電源/計測電圧端子: AWG24~14(断面積0.2~2.0mm2
 KM-N2/N3のCT端子: AWG18~14(断面積0.75~2.0mm2
 KM-N3の電源端子: AWG20~16(断面積0.5~1.5mm2
 KM-N3の計測電圧端子: AWG18~14(断面積0.75~2.0mm2

・通電する前に、配線に間違いがないことを確認してください。

・取り扱いおよび保守は取扱説明書をよく理解してから行ってください。

・ユーザーズマニュアルを理解して、機器の設定をしてください。

・ケーブルを引っ張らないでください。

・取扱説明書に記載されている方法以外で使用しないでください。機器に備わった保護が損なわれる場合があります。

・作業者がすぐ電源をOFFできるよう、ご使用になる電圧と、ご使用になる国の適切な規格(米国:UL Listed対応品、カナダ:cUL Listed対応品、その他の国:IEC60947-1およびIEC60947-3など)に適合したブランチサーキットブレーカを設置し、適切に表示してください。推奨条件は、定格電流1Aのブランチサーキットブレーカです。

・機器を使用する前には必ず配線の確認を行った上で、電源を投入してください。配線の不良などにより感電、けが、事故、故障、誤動作の恐れがあります。

・通電中は端子に触れないでください。

・発熱機器(コイル、巻線を有する機器等)と近接して取り付けないでください。

・DINレールは、ねじで緩みがないように取り付けてください。また、DINレールと本体との取り付けも確実に行ってください。緩みがあると、振動・衝撃等でDINレール、製品本体、配線が外れる原因となります。(KM-N2の場合)

・DINレールは、35mm幅(オムロン製 形PFP-50N/-100N)を使用してください。(KM-N2の場合)

・DINレールに取り付ける際は、DINフックを音がするまで確実にスライドさせてください。(KM-N2の場合)

・誘導ノイズを防止するために、本製品への配線は、高電圧、大電流の動力線とは分離して配線してください。また、動力線との並行配線や同一配線を避けてください。配管やダクトを別にする、ツイストペア線を使用するなどの方法も効果があります。

・本製品は、「class A」(工業環境製品)です。住宅環境でご使用されると、電波妨害の原因となる可能性があります。その場合には電波妨害に対する適切な対策が必要になります。

・パネルの板厚1~8mmの盤内に組み込んでご使用ください。パネルの板厚が適切でない場合や取り付け方法に誤りがあると、製品が外れる要因になります。(KM-N3の場合)

使用上の注意

・本製品は計量法に定める指定機関が行う検定に合格した特定計量器ではありません。電力量の証明には使用できません。

・各種設定は計測対象に合わせて正しく設定してください。

・過電圧カテゴリⅢの環境で使用する場合は、本製品の電源、電圧測定入力外側の線間にバリスタを取り付けてご使用ください。

・インバータ二次側計測用途には使用できません。

・電源投入時には2秒以内に定格電圧に達するようにしてください。

・製品の汚れを落とす場合は必ず無通電の状態で、柔らかい布で製品表面を乾拭きしてください。なお、シンナー、ベンジン、アルコールなどの溶剤を含む薬品等を使用しないでください。

・弊社KM シリーズの専用CT(形KM20-CTF シリーズ、形KM-NCTシリーズ)は使用できません。2次側出力が1Aまたは5AのCTを使用してください。

・規格適合のため、CTの本体CT入力端子への接続には必ずフェルール端子を使用してください。(KM-N2の場合)

・積算電力量などのデータ保存は5分間隔です。本体の電源遮断時には直前5分間のデータが保存されない場合があります。

・本製品の廃棄については、各自治体の指示に従い、産業廃棄物として適切に処理してください。

取り付け方/取り外し方

DINレールへの取り付け方/取り外し方(形KM-N2)

・取り付け方
 端子ユニットのレールフックを下げ、上部のツメをレールにかけます。
 レールフックがロックできるところまで本体を押しこみ、レールフックをロックします。

KM-N2-FLK ご使用の前に 7

・取り外し方
 マイナスドライバーなどでレールフックを下へ引き出して下側から持ち上げます。

KM-N2-FLK ご使用の前に 8

取り付けパネルへの取り付け方(形KM-N3)

KM-N2-FLK ご使用の前に 9

(1)防水にするために、付属の防水パッキンをパネルの前面になるようにして、製品本体をパネル開口部に挿入します。
   防水パッキンを入れない場合、防水にはなりません。

(2)付属の取り付けアダプタをリアケースの上面および下面の固定溝にはめ込みます。

(3)取り付けアダプタを端子部側から、パネルにあたるまで押し込んで本体を仮固定します。

(4)上下の取り付けアダプタの固定ねじを、交互に少しずつバランスを取りながら、締め付けてください。
   締め付けトルクは0.29~0.39N・mとしてください。

端子カバーの取り付け方

端子カバー 形E53-COV24を下図のように、端子カバーをたわませながら端子台へ取り付けてください。逆方向には取り付けられません。

KM-N2-FLK ご使用の前に 10

プッシュインPlus端子台(RS-485通信端子、パルス出力端子)接続時に使用する電線と注意

1. 使用する電線

・KM-N3の電源端子への配線は、AWG20~16(断面積0.5~1.5mm2)のより線か単線を使用してください。

・RS-485通信端子、パルス出力端子に使用する電線は、AWG24~16(断面積0.25~1.5mm2)のより線か単線を使用してください。

・電線被覆の剥きしろは、フェルール端子使用時で10mm、フェルール端子未使用時で8mm としてください。

2. プッシュインPlus端子台への接続

プッシュインPlus端子台(RS-485通信端子、パルス出力端子)の接続時は以下の手順に従ってください。

KM-N2-FLK ご使用の前に 13

圧着棒端子(以降フェルール端子)付き電線、単線の接続方法

端子台に接続するときは、単線またはフェルール端子の先端が端子台に突き当たるまでまっすぐ挿入してください。

細い単線で接続しにくい場合は、より線の接続方法同様にマイナスドライバをご使用ください。

KM-N2-FLK ご使用の前に 14

より線の接続方法

端子台に接続するときは、以下の手順により行ってください。

(1)マイナスドライバを斜めにし、リリースホールに押し込んでください。
   押し込み角度は下図を参考にして、マイナスドライバを正しく押し込むと、リリースホール内のバネの反発を感じます。

(2)リリースホールにマイナスドライバを押し込んだ状態で、電線の先端が端子台に突き当たるまでまっすぐ挿入してください。

(3)マイナスドライバをリリースホールから抜いてください。

KM-N2-FLK ご使用の前に 15

接続確認

・挿入後、軽く引っ張って電線が抜けないこと(端子台に固定されていること)を確認してください。

・短絡防止のため、電線被覆剥きしろ(より線/単線)またはフェルール端子導体部が端子(挿入)穴に隠れるまで挿入してください。(下図参照)

KM-N2-FLK ご使用の前に 16

3. プッシュインPlus端子台からの取り外し

電線を端子台から取り外すときは、以下の手順により行ってください。
取り外し方法は、より線/単線/フェルール端子とも同じです。

(1)マイナスドライバを斜めにし、リリースホールに押し込んでください。

(2)リリースホールにマイナスドライバを押し込んだ状態で、電線を端子(挿入)穴から抜いてください。

(3)マイナスドライバをリリースホールから抜いてください。

KM-N2-FLK ご使用の前に 17

4. 推奨フェルール端子・工具

推奨フェルール端子

KM-N2-FLK ご使用の前に 19

注1. 電線被覆外径は推奨フェルール端子の絶縁スリーブ内径よりも小さいことを確認してください。
   2. フェルール端子の加工寸法は、以下の形状に従っていることを確認してください。

KM-N2-FLK ご使用の前に 20

*1. AWG24~AWG22/0.25mm2~0.34mm2電線については、UL規格認証外です。
*2. 適用電線(AWG17~AWG16/1.25mm2~1.5mm2)用フェルール端子は、隣接する端子(挿入)穴への接続はしないでください。

推奨マイナスドライバ

電線の接続と取り外しには、マイナスドライバを使用します。
マイナスドライバは、下表のものを使用してください。
下表は2015年12月時点でのメーカと形式です。

KM-N2-FLK ご使用の前に 21