Page top

CJ1G-CPU4□P

CJシリーズ ループCPUユニット

CJ1G-CPU4□P

シーケンス制御とループ制御の融合。ビルトイン・ループコントローラ誕生

※ Web特別価格提供品

ループCPUユニット

ループCPUユニット

形式 CPU部 ループコントロール部
入出力点数 プログラム容量 データメモリ容量 ツールソフト 計器ブロック数 ツールソフト
形CJ1G-CPU45P 1280点
(増設数:3)
60Kステップ 128Kワード
(DM : 32Kワード、
EM : 32Kワード×3バンク)
CX-Programmer、
CX-Simulatorなど
300ブロック CX-Process
Tool
形CJ1G-CPU45P-GTC
形CJ1G-CPU44P 30Kステップ 64Kワード
(DM : 32Kワード、
EM : 32Kワード×1バンク)
形CJ1G-CPU43P 960点
(増設数:2)
20Kステップ
形CJ1G-CPU42P 10Kステップ 50ブロック

ループコントロール部仕様

項目 仕様
名称 ループCPUユニット
形式 形CJ1G-CPU□□P(-GTC)
適用PLC CJシリーズ
CPUユニット
とのデータ
交換用エリア
CPUユニットの
特殊補助リレーエリア
・ループコントロール部→ CPU部:
 運転ステータス、 PV異常接点入力ON、 MV異常接点入力ON、 実行エラー発生、 計器ブロック
 データベース異常、HOTスタート指令でCOLDスタート実行完了、 フラッシュメモリバックアップ中、
 計器ブロック変更ありなど
・CPU部→ ループコントロール部:電源ON時のHOT/COLDスタート指令
任意のI/Oメモリへの
割付
ユーザリンクテーブル機能:CPUユニットの任意のメモリ(CIO、 WR、 HR、 DM、 EMバンクNo.0)
に、計器ブロックのITEMデータを割付可能
全データの一括割付 HMI I/F機能:CPUユニットの指定バンクNo.のEMエリアに、 調節・演算ブロック、 外部調節計
ブロック、およびシステム共通ブロックのITEMデータを割付可能
設定部 なし
表示部 LED2個: 運転中、 準備完了
スーパーコンデンサによる
バックアップデータ
全計器ブロックデータ(シーケンステーブル/ステップラダーコマンドを含む)、 異常履歴格納データ
スーパーコンデンサバックアップ時間 25℃で、 5分
フラッシュメモリへの格納データ 計器ブロックデータ
RAM→ フラッシュメモリへのバック
アップ
ツールソフトからの操作によって可能(任意のときにバックアップ可能)。
フラッシュメモリ→ RAMへのリカバリ PLC本体の電源投入時の自動転送(電源投入時スタートモードがCOLDスタート時)、
またはツールソフトからの操作(任意のときにリカバリ)によって可能。
CPUユニットのサイクルタイムへの
影響時間
最大0.8ms(計器ブロックのデータ内容による)
ループコントローラ消費電流
(電源ユニットから供給)
DC5V 1.06A(CPU部、 ループコントロール部含むループCPUユニットの消費電力) 
注. リンクアダプタ形NT-AL001使用時は、150mA増となります。

ループコントロール部機能仕様

項目 内容
形式 形CJ1G-CPU42P 形CJ1G-CPU43/44/45P(-GTC)
演算方式 計器ブロック方式
ループコントロール部 LCB01 LCB03
計器ブ
ロックア
ナログ
演算
調節・
演算
ブロック
PIDなどの調節機能
警報、開平演算、時間演算、
パルス列積算などの各種プ
ロセス用演算機能
最大50ブロック 最大300ブロック
シー
ケン
ス制御
ステップ
ラダー
ブロック
論理シーケンスおよび
ステップシーケンス機能
最大20ブロック
合計2000コマンド
最大100コマンド/1ブロック
最大100ステップに分割可能
最大200ブロック
合計4000コマンド
最大100コマンド/1ブロック
最大100ステップに分割可能
入出力
ブロック
フィールド
端子
ブロック
アナログ入出力ユニットとの
アナログ入出力機能、基本
I/Oユニットとの接点入出力
機能
最大30ブロック 形CJ1G-CPU43P : 最大30ブロック
形CJ1G-CPU44/45P : 最大40ブロック
ユーザ
リンク
テーブル
CPUユニットとのアナログ
データ入出力、接点入出力
機能
最大2400データ
HMI I/F
機能
HMI機器用調節・演算ブロッ
クおよび外部調節計ブロッ
ク、システム共通ブロックの
割付ITEMの、CPUユニット
指定バンクNo.EMエリアと
の入出力機能
EMを1バンク占有
〈調節・演算ブロック〉
 最大50ブロック×送受信各20CH
〈システム共通ブロック〉
 送受信各20CH
EMを1バンク占有
〈調節・演算ブロック〉
 最大300ブロック×送受信各20CH
〈システム共通ブロック〉
 送受信各20CH
システム
共通
ブロック
システム共通演算周期設定、
運転指令、負荷率モニタなど
1ブロック
計器ブロックの作成/転送方法 別売のツールソフト(CX-Process Tool)によって作成し、 ループコントローラに転送
外部入出力応答時間 1制御ループにおいて、 アナログ信号を外部から入力してからアナログ信号を外部に
出力するまでの時間は、 計器ブロックの演算周期とCPUユニットのサイクルタイムな
どに依存。
計器ブロックの演算周期 設定可能周期 : 0.01秒*、0.02秒*、0.05秒*、0.1秒、0.2秒、0.5秒、1秒、2秒
(デフォルト : 1秒)
各計器ブロックごとに設定も可能。
* 一部のブロックでは設定できません。
内部
演算
調節ループ数 ・使用可能ループ数 :
 LCB負荷率=80%以下の条件から、 一般的なケース(例 : 1ループの構成が
 Ai4端子+折れ線リニアライザ+基本PID+Ao4端子の場合)で以下のとおり。
演算周期 最大ループ数 演算周期 最大ループ数
0.01秒 20ループ 0.2秒 150ループ *
0.02秒 35ループ * 0.5秒
0.05秒 70ループ * 1秒
0.1秒 100ループ * 2秒
* ループコントロール部がLCB01の場合は、最大ループ数は25ループになります。
制御
方式
PID制御方式 2自由度PID
組み合わせ可能制御タイプ 基本PID制御、 カスケード制御、 フィードフォワード制御、 サンプルPI制御、
スミスむだ時間補償制御、 ギャップ付きPID、 オーバーライド制御、 プログラム制御、
時間比例制御など、 計器ブロックの組み合わせにより実現可能。
警報 PIDブロック内蔵 1PIDブロック当たり、 PV警報4点(上上限、 上限、 下限、 下下限)、 偏差警報1点
警報ブロック 上下限警報ブロック、 偏差警報ブロック

CX-Process Tool&モニタソフト

ソフトウェアの仕様

仕様 ツールソフト
品名 CX-Process Tool (CX-Oneに同梱)
形式 CXONE-AL□□D-V□
適用PLC機種 CS/CJシリーズ
適用ユニット CJシリーズループCPUユニット
CSシリーズループコントロールボード/ユニット(ユニットVer.2.0以降)
CS1D プロセスCPUユニット
使







オペレーティング
システム(OS)*1
日本語版または
英語版
Windows XP(Service Pack 3以降)/Vista/7/8
CPU Microsoft社が推奨するプロセッサ
メモリ Microsoft社が推奨するメモリ
ハードディスク CX-Oneをすべてインストールする場合は、約2.8GB以上の空き容量が必要。
ディスプレイ XGA(1,024×768)、High Color16ビット以上
ディスク装置 CD-ROMドライブまたはDVD-ROMドライブ



CPUユニット
(またはシリアル
コミュニケーション
ボード/ユニット)
との接続
(FinsGateway SerialUnitドライバを使用時)
PLCとの通信プロトコル:上位リンクまたはツールバス *2
・CPUユニットのペリフェラルポートまたは内蔵RS-232Cポート、
 シリアルコミュニケーションボード/ユニットのRS-232Cポートにパソコンを接続
・接続ケーブル:CPUユニットのペリフェラルポートへ接続:形CS1W-CN□□□(2m、 6m)、
           CPUユニットのRS-232Cポートへ接続時:形XW2Z-□□□-□(2m、 5m)
(CX-Serverを使用時)
PLCとの通信プロトコル:上位リンクまたはツールバス
・接続ケーブル:CPUユニットのペリフェラルポートへ接続:
          形CS1W-CN□□□(2m、 6m)
          CPUユニットのRS-232Cポートへ接続時:
          形XW2Z-□□□-□(2m、 5m)
Controller Link
経由での接続
(FinsGateway Controller LinkドライバまたはCX-Server使用)
Controller Linkサポートボード装着のパソコンに搭載し、 Controller Linkユニット装着のPLCに対して通信
Ethernet経由
での接続
(FinsGateway ETN_UNITドライバまたはCX-Serverを使用)
Ethernetボード装着のパソコンに搭載し、 Ethernetユニット装着のPLCに対して通信
オフライン操作機能 計器ブロックの各ITEMのデータの設定
・アナログ信号のソフト結線
・ブロック結線図/ラダー図への任意の文字列(付箋)の貼り付け表示/印刷
・ステップラダーブロック/シーケンステーブルブロックへのコマンド記述
・モニタソフトのタグ設定
・工業量表示設定
・折れ線プログラムパラメータ設定
オンライン操作機能 ・計器ブロックデータの転送
 (ループコントローラへのダウンロード、 アップロード)
・ループコントローラの(全計器ブロック)の運転/停止指令
・システム運転確認:システム共通ブロック(形式000)のモニタ/操作
 (ループコントローラ負荷率のモニタを含む)
・ループコントローラの動作確認:計器ブロック結線動作確認
 (計器ブロックごとの演算停止/停止解除を含む)、
 ラダー図動作確認、 シーケンステーブル動作確認、 ITEMのモニタリング
・PID定数などのチューニング機能
 (ファインチューニング、 オートチューニング)
・ループコントローラのメモリ(RAM)の初期化
・バックアップ外部指示機能

注. CX-Process Toolはバージョンによって使用できる機能が異なります。詳細はマニュアルをご覧ください。(マニュアルNo. SBCC-823、SBCC-824)
*1. CX-One対応オペレーティングシステムのご注意:
   1)必要システム、ハードディスク容量は、システム環境によって異なる場合がありますので、ご注意ください。
   2) Windows XPは64bit版を除きます。
*2. FinsGateway V3使用時はツールバス使用不可。