Page top

一般仕様/性能仕様

項目仕様
制御方式ストアードプログラム方式
入出力制御方式サイクリックスキャン方式(IORF命令による都度リフレッシュ可)
プログラム言語ラダーチャート方式
命令語長1ステップ/1命令、 1~5ワード/1命令
命令の
種類
基本命令14種類
応用命令105種類、 185個
処理速度基本命令0.64μs(LD)
応用命令7.8μs(MOV)
プログラム容量4,096ワード
最大I/O点数本体のみ : 10点
拡張I/O : 96点(32点タイプ×3台)(拡張ユニットは3台まで接続可能)
CompoBus/S : 256点( 合計362点)
入力リレー00000~00915(使用していないリレーは内部補助リレーとして使用可能)
出力リレー01000~01915(使用していないリレーは内部補助リレーとして使用可能)
CompoBus/S入力リレー128点 : 02000~02715(020~027CH)
CompoBus/S出力リレー128点 : 03000~03715(030~037CH)
内部補助リレー672点:02800~02915(028~029CH)
     03800~03915(038~039CH)
     04000~04915(040~049CH)
     20000~22715(200~227CH)
特殊補助リレー440点 : 22800~25507(228~255CH)
一時記憶リレー8点(TR0~7)
保持リレー320点 : HR0000~1915(HR00~19CH)
補助記憶リレー384点:AR0000~2315(AR00~23CH)
CompoBus/S子局ステータスエリア(AR04~07CH)を含む
リンクリレー256点:LR0000~1515(LR00~15CH)
タイマ/カウンタ256点:TIM/CNT000~255
1msタイマ(TMHH命令)、10msタイマ(TIMH命令)、100msタイマ(TIM命令)、
1s/10sタイマ(TIML命令)、減算カウンタ(CNT命令)、可逆カウンタ(CNTR命令)
データ
メモリ
Read/Write2,048ワード(DM0000~2047)
DM2000~2021は異常履歴格納エリアとして使用できる
Read専用456ワード(DM6144~6599)
システム設定56ワード(DM6600~6655)
DeviceNetスレーブ機能DeviceNet リモートI/Oリンク:I/Oリンク点数:最大1024点
Explicitメッセージ通信:マスタから任意のエリアを読み書き可能
基本割込
機能
入力割込み2点(入力割込みのカウンタモード、パルスキャッチと共用)
定時割込み1点
高速
カウンタ
機能
高速カウンタ1点(単相20kHz/二相5kHz)
カウントチェック割込み1点(目標値一致割込み、または帯域比較割込み)
入力割込み(カウンタモード)2点
入力割込み、 パルスキャッチと共用
カウントアップ割込み2点
入力割込み、 パルスキャッチと共用
パルスキャッチ入力2点
最小パルス入力:50μs
入力割込み、入力割込みのカウンタモードと共用
パルス出力2点(加減速なし 各10Hz~10kHz、方向制御なし)
1点(台形加減速 各10Hz~10kHz、方向制御あり)
2点(可変デューティ比出力)のうちいずれか
パルス同期制御1点
入力時定数(ON応答時間=OFF応答時間)本体入力・拡張入力のみ設定可能(1ms/2ms/3ms/5ms/10ms/20ms/40ms/80ms)
時計機能あり(RTC内蔵)
通信機能ペリフェラルポート:上位リンク、ツールバス、無手順、プロコン接続
RS-232Cポート:上位リンク、無手順、1:1リンク、NTリンク
停電保持機能保持リレー(HR)、補助記憶リレー(AR)、カウンタ(CNT)、データメモリ(DM)、
ユーザプログラムの内容を保持
メモリバックアップ不揮発性メモリ、ユーザープログラム、データメモリ(READ専用)、PCシステム設定
リチウム電池(2年間)、データメモリ、保持リレー、補助記憶リレー、カウンタ
自己診断機能CPU異常(WDT)、メモリ異常、通信異常、設定異常、電池異常、拡張I/Oバス異常
プログラムチェックEND命令無し、プログラム異常(運転時常にチェック)
接続
ツール
プロコン形C200H-PRO27
CX-ProgrammerWindows版

※ ペリフェラル/RS-232Cに関しては、専用接続ケーブル(形CPM2C-CN111、形CS1W-CN114、形CS1W-CN118)が必要。

通信仕様

DeviceNet

項目仕様
通信プロトコルDeviceNet準拠
接続形態 *1マルチドロップ方式、 T分岐方式の組み合わせが可能(幹線および支線に対して)
通信速度500k/250k/125kビット/s
通信媒体専用ケーブル 5線(信号系2本、 電源2本、 シールド1本)
専用フラットケーブル 4線(信号線2本、 電源線2本)
通信距離専用ケーブル 5線使用時
通信速度ネットワーク最大長支線長総支線長
500kビット/s100m以下 *26m以下39m以下
250kビット/s250m以下 *26m以下78m以下
125kビット/s500m以下 *26m以下156m以下
専用フラットケーブル 4線使用時
通信速度ネットワーク最大長支線長総支線長
500kビット/s75m以下6m以下35m以下
250kビット/s150m以下6m以下48m以下
125kビット/s265m以下6m以下135m以下
通信用電源外部からDC24Vを供給
最大ノード接続数64台(マスタ、 スレーブ、 コンフィグレータを含む)

*1. 幹線の両端に終端抵抗が必要です。
*2. 太い専用ケーブルを幹線に使用した場合の値です。
   細い専用ケーブルを使用した場合は100m以下になります。

CompoBus/S

項目仕様
通信方式CompoBus/S専用プロトコル
符号方式マンチェスタ符号方式
接続形態マルチドロップ方式、 T分岐方式 *1
通信速度高速通信モード:750kビット/s
長距離通信モード:93.75kビット/s *2
通信
サイクルタイム
高速通信モード0.5ms(スレーブ接続台数:入力8台、出力8台)
0.8ms(スレーブ接続台数:入力16台、出力16台)
長距離通信モード4.0ms(スレーブ接続台数:入力8台、出力8台)
6.0ms(スレーブ接続台数:入力16台、出力16台)
通信媒体2芯ケーブル(VCTF0.75×2)、4芯ケーブル(VCTF0.75×4)、専用フラットケーブル
通信距離2芯VCTFケーブル
通信モード幹線長支線長総支線長
高速通信モード100m以下3m以下50m以下
長距離通信モード500m以下6m以下120m以下
4芯VCTFケーブル、 専用フラットケーブル
通信モード幹線長支線長総支線長
高速通信モード *330m以下3m以下30m以下
長距離通信モード *4フリー分岐配線(ケーブル総配線長200m以下)
最大ノード接続数32台
誤り制御マンチェスタ符号チェック、フレーム長チェック、パリティチェック

*1. 終端抵抗外付けが必要となります。
*2. DM設定による切り替え(初期設定は750kビット/s)となります。
*3. スレーブ接続台数が16台以下の場合には、幹線長さ100m以下、総支線長さ50m以下にすることができます。
*4. 分岐形態および、幹線長、支線長、総支線長の制限はありません。終端抵抗はマスタから最遠端へ接続ください。