Page top

ネットワーク機器 機能/仕様一覧セレクション

本文

ネットワーク機器 機能/仕様一覧セレクション(262KB)
※ セレクションのPDFデータはサイズが大きいため、右クリックより「保存」の選択をお勧めいたします。

分類 EtherNet/IP EtherCAT CompoNet DeviceNet IO-Link
商標
用途 コントローラ間ネットワーク リモートI/Oネットワーク
高速高精度制御
リモートI/Oネットワーク
センサ&アクチュエータ
リモートI/Oネットワーク
多様なデバイス接続
センサ/アクチュエータと
I/Oターミナル間の通信技術
特長 上位コンピュータとの多彩な通信
コントローラ間の高速通信
超高速、高精度な通信 高速、多ノード接続、簡単・
柔軟配線のリモートI/O通信
多点・多チャンネルの
リモートI/O通信
センサレベルの
情報化を実現
通信速度 1Gbps *1/100Mbps 100Mbps 4Mbps/3Mbps/1.5Mbps/93.75kbps 500kbps/250kbps/125kbps 230.4kbps/38.4kbps/4.8kbps
接続形態 スター型 ディジチェーン、分岐配線 T分岐方式
または
マルチドロップ方式
マルチドロップ方式、
T分岐方式の組み合わせが可能
(幹線および支線に対して)
1対1
通信媒体 ツイストペアケーブル
(シールド付:STP):
カテゴリ5、5e以上
ツイストペアケーブル:
カテゴリ5以上
(アルミテープと編組の二重遮へいシールドケーブル、ストレートを推奨)
・丸型ケーブルⅠ
(2芯 0.75mm2)
・丸型ケーブルⅡ
(4芯 0.75mm2)
・専用フラットケーブルⅠ
(4芯、シースなし)
・太い専用ケーブル(5芯)
・細い専用ケーブル(5芯)
・専用フラットケーブル(4芯)
・非シールド
(3線または4線のケーブル)
最大通信距離 100m(スイッチングハブとノード間の距離) 100m(ノード間距離) 1,500m(93.75kbps設定、リピータ・丸型ケーブルⅠ使用時) 500m(125kbps設定、太い専用ケーブル5芯使用時) 20m
通信周期 ・NXシリーズ 内蔵ポート
 0.5~10,000ms(0.5ms 単位)
・NJ/NYシリーズ 内蔵ポート
 1~10,000ms(1ms単位) *2
・EtherNet/IPユニット
 /形CJ2HCPU□□-EIP 内蔵ポート
 0.5~10,000ms(0.5ms単位)
・形CJ2M-CPU3□ 内蔵ポート
 1~10,000ms(0.5ms 単位)
500/1,000/2,000/4,000μs *3 0.9ms~24.81ms

スレーブ種別・台数加算時間
2~500ms ・NXシリーズ 2.1ms~ *5
・GXシリーズ 4.0ms~ *6
最大接続ノード数 スイッチングハブの使用において制限なし 192台 *4 ・ワードスレーブ:
IN 64台/OUT 64台
・ビットスレーブ:
IN 128台/OUT 128台
・リピータユニット:64台
64台
(マスタ、スレーブ、コンフィグレータ含む)
・NXシリーズ
IO-Linkデバイス4台
・GXシリーズ
IO-Linkデバイス8台
1ノードの最大サイズ ・NXシリーズ 内蔵ポート
 369,664バイト(184,832 CH)
・NJシリーズ 内蔵ポート
19,200バイト(9,600CH)
・NYシリーズ 内蔵ポート
184,832バイト(92,416 CH)
・EtherNet/IPユニット
 /形CJ2HCPU□□-EIP 内蔵ポート
 369,664バイト(184,832CH)
・形CJ2M-CPU3□ 内蔵ポート
 1,280バイト(640CH)
IN:1,434バイト
OUT:1,434バイト
・ワードスレーブ:
16点/ノードアドレス
・ビットスレーブ:
2点/ノードアドレス
IN:200バイト
OUT:200バイト
IN:32バイト
OUT:32バイト
最大I/O点数 IN:5,736バイト
OUT:5,736バイト
ただし、4フレーム(最大プロセスデータフレーム数)の範囲内であること
・ワードスレーブ:IN 1,024点
/OUT 1,024点(合計2,048点)
・ビットスレーブ:IN 256点/
OUT 256点(合計512点)
32,000点(4,000バイト)
(形CS1W-DRM21-V1/
形CJ1W-DRM21使用時)
最大メッセージサイズ UCMMフレームサイズ:
502バイト
Class3フレームサイズ:
2,000バイト
2,048バイト 542バイト 542バイト 232バイト
同期通信 DC(ディストリビュート・クロック)
スレーブ間同期ジッタ 1μs以下
セーフティ対応 なし なし なし あり
(CIP Safety on DeviceNet)
なし

*1. NXシリーズ CPUユニット 内蔵ポート、NYシリーズ IPCマシンコントローラ 内蔵ポートのみ使用可能です。
*2. NJシリーズ CPUユニットVer.1.02以前は10~10,000ms(1ms単位)です。
*3. NJ301 CPUユニットVer.1.02以前は1,000/2,000/4,000μsです。CJシリーズの通信周期については位置制御ユニットユーザーズマニュアル(カタログ番号: SBCE-359)をご覧ください。
*4. CJシリーズの最大接続ノード数は80台です。詳細は位置制御ユニットユーザーズマニュアル(カタログ番号:SBCE-359)をご覧ください。
*5. 通信周期の詳細は、NXシリーズIO-Linkマスタユニットユーザーズマニュアル(カタログ番号:SBCD-370)と、各IO-Link デバイスの取り扱い説明書をご覧ください。
*6. 通信周期の詳細は、GXシリーズEtherCAT®スレーブユーザーズマニュアル(カタログ番号:SBCD-350)と、各IO-Link デバイスの取り扱い説明書をご覧ください。