セーフティライトカーテンの光軸調整時間を短縮

  • セーフティライトカーテンの光軸調整時間を短縮
  • 現場の課題

    セーフティライトカーテンを設置する際、光軸調整に時間がかかり、立上げ工数の削減が課題となっています。

    改善

    入光状態が⼀目で分かるエリアビームインジケータ(ABI)機能を搭載したセーフティライトカーテン F3SG-SR/PGシリーズなら、光軸調整が簡単で立上げ工数を削減できます。

    お電話でのお問い合わせ

    0120-919-066 クイック オムロン

    改善の内容

    セーフティライトカーテン F3SG-SR/PGシリーズのエリアビームインジケータ(ABI)は、入光状態を色で表示する機能です。安定入光状態なら緑、光量低下状態は橙、遮光状態になると赤の各LEDが点灯します。このLED表示により、長距離設置時の微妙な光軸のズレもエリアごとに(4つのLEDが1エリア)色で確認できますので、光軸調整が従来に比べて簡単、より確実になります。

    • セーフティライトカーテンの光軸調整時間を短縮
    • セーフティライトカーテンの光軸調整時間を短縮
    セーフティライトカーテンの光軸調整時間を短縮 セーフティライトカーテンの光軸調整時間を短縮

    改善のポイント

    緑、橙、赤の3色のLEDで入光状態を⼀目で確認することで、セーフティライトカーテンの光軸調整が簡単、確実になり、立上げ工数を削減できます。
    また、光軸調整をサポートするオプションのレーザポインタF39-PTGをご使用いただくことで、見やすいレーザ光でセンサの向きを確認できます。(前面保護カバーの上からでも使用可能です)

    事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

    事例番号
    ap10045

    使用している商品