冷却水循環ポンプの軸受(ベアリング)異常を常時監視

  • 冷却水循環ポンプの軸受(ベアリング)異常を常時監視
  • 現場の課題

    クリーンルームに冷却水を循環させるポンプのモータが故障すると、ライン全体の停止を招いてしまいます。故障の原因となる軸受(ベアリング)異常を定期点検していますが、ポンプ以外にも点検対象の設備が多数ある上に、人手も不足しており、点検頻度を上げることができません。そのため、異常が起こっても次回点検時まで発見されず、故障によるライン停止のリスクを抱えていました。

    改善

    モータ状態監視機器 K6CMシリーズの振動・温度タイプ K6CM-VBMでモータの軸受(ベアリング)異常を常時監視します。

    お電話でのお問い合わせ

    0120-919-066 クイック オムロン

    改善の内容

    軸受(ベアリング)に塗ってあるグリスが劣化したり乾いたりすると、モータに振動が発生します。その振動をK6CM-VBMで計測し軸受(ベアリング)の異常を常時監視することにより、最少の作業員でも的確なメンテナンスが可能となり、生産性を上げることができました。

    • 冷却水循環ポンプの軸受(ベアリング)異常を常時監視
    • 冷却水循環ポンプの軸受(ベアリング)異常を常時監視
    冷却水循環ポンプの軸受(ベアリング)異常を常時監視 冷却水循環ポンプの軸受(ベアリング)異常を常時監視

    改善のポイント

    振動・温度タイプ K6CM-VBMは振動を常時監視することで軸受(ベアリング)などの異常の兆候をいち早く捉えることができます。そのため、モータの故障でラインが止まる前に予知保全が可能となり、ライン停止リスクを低減させることができます。

    事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

    事例番号
    ap10036

    使用している商品