事例番号
ap00182
情報更新

停電や瞬低でも無線通信断を防止

現場の課題

工場への送電線トラブルにより停電や瞬低が発生すると、PLCと生産管理システムをつなぐ無線通信ユニットが電源リセットされ、通信が遮断されます。それにより生産管理システムでの工程データ欠けが発生し、データ復旧までの間、ラインが停止してしまいます。

改善の内容

無停電電源装置(UPS)の形S8BAにて無線通信ユニットとPLCを電源バックアップします。
工程データが確実に生産管理システムに通信できるようになり、瞬低時のライン停止のリスクを低減します。

  • 停電や瞬低でも無線通信断を防止

改善のポイント

DC-DCタイプのUPS S8BAなら、AC-ACタイプに比べ、バックアップしたい機器(*1)だけを効率的にバックアップでき、サイズも小型化できます。
(*1)DC24Vの機器

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品