事例番号
ap00075
情報更新

プラスチックケースの傷や汚れの外観検査の自動化

現場の課題

予測できない色の汚れや傷が発生した場合や、照明が変化した場合に、外観検査で傷や汚れを正しく検出できないことがある。

改善の内容

画像処理システム 形FHシリーズの高精度カメラからとらえた画像を高速に処理して汚れや傷を安定して検出します。
汚れや傷のサンプルを事前登録しなくても、人の目に代わって高速で高精度な外観検査を実現します。

  • プラスチックケースの傷や汚れの外観検査の自動化

改善のポイント

不良品検査の品質向上だけでなく、事前に欠陥色(傷や汚れ)を指定する必要がないので、外観検査の設定工数も削減できます。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品