事例番号
ap00055
情報更新

金属部品の打痕検査(缶)

現場の課題

缶の外観に変形や打痕があると市場でクレームが発生。現在は抜き取りで目視の検査を行っているが、全数をチェックできない。

改善の内容

高速で検査できる画像処理システム 形FHシリーズを使い、打痕の検査を行います。光沢があっても安定して検出できます。

  • 金属部品の打痕検査(缶)

改善のポイント

金属ハレーション影響を受けずに検査できるHDR(ハイダイナミックレンジ処理)により、フランジ部の変形した打痕を検査可能。
工程不良の削減にも貢献します。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品