Page top

本文

定期点検

機器の故障や軽微な異常を早期発見するために、
定めた期間ごとに可動部の動作確認、部品の磨耗・
損傷確認などについて、点検を実施いたします。

制御機器定期点検

FA機器の寿命診断、機器交換、立会いまでを行います。お客さまの状況に合わせて、最適なサービスを提案いたします。

メニュー 内容

保守点検

機器のロットナンバー、稼働時間、使用周囲温度等の情報から寿命時期を予測しご報告いたします。同時に置換え推奨機種をご提案いたします。

機器交換

制御機器や電池などの消耗品を現場で交換します。交換用機器の手配についても同時に承ります。

バックアップ

稼働中の設備のプログラム、設定データベース、ステータス情報、異常履歴等の各種データを、CD等のメディアにバックアップしてご提供いたします。また、プログラムや設定データなどを機器へ復元する作業を行います。

立会い

定期メンテナンスなどの設備停止後の再立ち上げ時に、制御機器の万一のトラブルに備えて立会い、立ち上げを支援します。また、設定やツール操作をご説明いたします。

PLC/PTの故障を未然に防ぐための予防保全情報を公開しています。以下の情報をご参照ください。
予防保全のおすすめ

ロボティクス定期点検

産業用ロボットは労働安全衛生法の安全基準により、定期検査を行う必要があります。機器の故障や軽微な異常を早期発見するために、定めた期間ごとに可動部の動作確認、部品の摩耗・損傷確認など、産業用ロボットの仕様にあわせて定期点検を実施いたします。

〈産業用ロボット 定期点検項目例〉

定期点検項目例
  • ・ロボット据え付けボルトの締付確認
  • ・ステータス表示パネルのLED表示確認
  • ・ブレーキ動作確認
  • ・モータ動作確認
  • ・ファン動作確認
  • ・基準位置確認
  • ・オイル漏れ確認
  • ・ベルトのテンション確認
  • ・ドライブシャフトの摩耗・損傷確認
  • ・ハードストップ締付確認
  • ・アームの損傷確認
  • ・プラットフォームの損傷確認
  • ・カバーの損傷確認
  • ・電源電圧、ケーブル取付確認
  • ・ケーブル、エアラインの接続・損傷確認
  • ・エンコーダバッテリの電圧確認

〈モバイルロボット 定期点検項目例〉

定期点検項目例
  • ・カバー外観確認
  • ・ライトディスク動作確認
  • ・警告ラベルの点検
  • ・セーフティスキャニングレーザの点検
  • ・ローフロントレーザセンサの点検
  • ・サイドレーザセンサの点検
  • ・バックレーザセンサの点検
  • ・カッブリングレーザセンサの点検
  • ・タイヤの点検
  • ・プラットフォームキャスターの点検
  • ・ビーコンの点検
  • ・ドッキングステーションの点検
  • ・バッテリの点検
  • ・バンパの点検
  • ・非常停止ボタンの点検

上記のサービスの詳しい内容や利用方法については、以下のいずれかの窓口へお問い合わせください。

電話

お客様相談室 (国内)

0120-919-066

音声ガイダンスに従い「5」を押して下さい。

受付時間:毎日8:00~21:00(365日)

※携帯電話・PHSの場合 055-982-5025(通話料がかかります)

ジャパンデスク:海外拠点日本人スタッフ窓口 (海外)

ジャパンデスク(日本語窓口)のご紹介

WEB

お問い合わせフォームI-Webメンバーズ

FAX

お客様相談室 (国内)

055-977-9084

出張サービス依頼書

サービスの実施

上記のサービスサポートは、
オムロンフィールドエンジニアリング株式会社が実施します。