ページ先頭

本文

保護構造について(全商品共通)

IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)規格(IEC60529:2001)

【第1記号】固体異物に対する保護等級
等級 保護の程度
0 粉塵の浸入に対して保護されていない。
1 直径50mm球体の検査物体が、部分的にしか内部に侵入しない。
2 直径12,5mm球体の検査物体が、部分的にしか内部に侵入しない。
3 直径2,5mm球体の検査物体が、全く内部に侵入しない。
4 直径1,0mmの検査物体が、全く内部に侵入しない。
5 機器の正常動作や安全性を阻害するほどの粉塵が、内部に侵入しない。
6 粉塵が内部に侵入しない。
【第2記号】水の浸入に対する保護等級
等級 保護の程度 試験法概要
(真水を使用して試験する)
0 特に保護なし 水の浸入に対して特には保護されていない。 試験なし
1
水の滴下に対する保護
垂直に落下する水滴によって、有害な影響を受けない。
滴水試験装置にて鉛直滴下を10分間散水する。
2
水の滴下に対する保護
垂直方向から15°まで製品を傾けた状態で、垂直に落下する水滴によって、有害な影響を受けない。
滴水試験装置にて15°傾けて設置し、10分間(各方向2.5分間)散水する。
3
散水に対する保護
垂直方向から60°までの方向からの水飛沫によって、有害な影響を受けない。
右図のテスト装置にて、鉛直方向から両側に60°までの角度で10分間散水する。
4
水の飛沫に対する保護
あらゆる方向からの水飛沫によっても、有害な影響を受けない。
右図のテスト装置にて、あらゆる方向から、10分間散水する。
5
噴流水に対する保護
あらゆる方向からの噴流水によっても、有害な影響を受けない。
右図のテスト装置にて、あらゆる方向から外被表面積1m2当り1分間、のべ少なくとも3分間以上散水する。
6
暴噴流に対する保護
あらゆる方向からの強い噴流水によっても、有害な影響を受けない。
右図のテスト装置にて、あらゆる方向から外被表面積1m2当り1分間、のべ少なくとも3分間以上散水する。
7
水中への浸漬に対する保護1
規定の圧力と時間の条件で一時的に浸水させた場合に、有害な影響を受けない。
水深1m(機器の高さが850mmより低い場合)に30分間没する。
8
水没に対する保護2
個別に製造業者と使用者が取り決めた(7よりも厳しい)条件で継続的に浸水させた場合に、有害な影響を受けない。 製造業者と機器の使用者間の取り決めによる。

保護構造仕様 IP69Kについて

IP69Kは、ドイツ規格 DIN 40050 PART9 で定められた、高温・高圧水に対する保護規定です。80℃の湯を、指定の形状のノズルから80~100BARの水圧で、供試体に放水します。水量は、14~16リットル/分です。
供試体とノズルの間隔は10~15cm、放水の方位は 水平方向に0、30度、60度、90度であり、各方位につき30秒ずつ供試体を水平面上で回転させながら、実施します。
注. 配線部を正常に接続していない場合や、保護性能がない接続コネクタやe-CONコネクタを使用の場合、接続部には定格/性能記載の保護等級は満足しませんのでご注意ください。

1.当社試験方法
近接センサのIP67は下記試験に加え0℃冷水に1時間←→70℃の温水に1時間のヒートショックサイクルを5回繰り返し、検出距離、絶縁抵抗が性能を満足することを確認。
2.当社試験概要の注記
近接センサ形E2Fの使用条件:水中下10m以内の自然状態。

1) 2気圧の水中に1時間浸し、水の浸入がないこと。

2) 上記1のヒートショックサイクルを20回繰り返し、検出距離、絶縁抵抗が性能を満足することを確認。

耐油性

保護の程度
防油 いかなる方向からの油滴、油沫によって有害な影響を受けない。
耐油 いかなる方向からの油滴、油沫も内部に侵入しない。

注. 当社内で規定している油、切削油にて耐油性を確認しています。(旧 JEM1030相当)