Page top

形G3R-I/O、形G3TAの入力モジュール、出力モジュールの違いを教えてください。

FAQ番号:FAQ05404

 

回答

入力モジュールと出力モジュールでは、出力定格に違いがあります。
形G3R-I、形G3TA-I は、微小電流の開閉に適しています。主にPLCなどへの信号入力に適しているため、「入力モジュール」という名称にしています。
形G3R-O、形G3TA-O は、PLCなどからの出力信号を受け、一般の負荷を開閉する用途にお使い頂くことができるため、「出力モジュール」という名称にしています。
動作に違いはありません。実際に接続する負荷の容量に合わせてお選びください。

■入力モジュール
形式
入力の
定格電圧
出力定格
(ロジック供給電圧電流)
形G3R-IAZR1SN AC100-240
AC100~240V
 DC4V~32V  
 0.1~100mA
形G3R-IDZR1SN DC5
DC5V
形G3R-IDZR1SN DC12-24
DC12~24V
形G3R-IDZR1SN-1 DC5
DC5V
形G3R-IDZR1SN-1 DC12-24
DC12~24V
形式
入力の
定格電圧
出力定格
(ロジック供給電圧電流)
形G3TA-IAZR02S AC100-240  AC100~240V  DC4~32V
 0.1~25mA
形G3TA-IDZR02S DC5-24  DC5~24V
形G3TA-IDZR02SM  DC4~24V

■出力モジュール
形式
入力の
定格電圧
出力定格
形G3R-OA202SZN DC5-24
DC5~24V
 AC100~240V
 0.05~2A  *1
形G3R-OA202SLN DC5-24
形G3R-ODX02SN DC5-24  DC5~48V
 0.01~2A  *1 
形G3R-OD201SN DC5-24  DC48~200V
 0.01~1.5A *1
形式
入力の
定格電圧
出力の適用負荷
形G3TA-OA202SZ DC12 
DC12V
 AC100~240V
 0.05~2A  *1
形G3TA-OA202SZ DC24 
DC24V
形G3TA-OA202SL DC12
DC12V
形G3TA-OA202SL DC24
DC24V
形G3TA-ODX02S DC12
DC12V
 DC5~48V
 0.01~2A  *1 
形G3TA-ODX02S DC24
DC24V
形G3TA-OD201S DC12
DC12V
 DC48~200V
 0.01~1A  *1
形G3TA-OD201S DC24
DC24V
*1 単品実装にて、周囲温度 +10℃~+40℃の場合の値です。

■選定時の注意点
ソリッド・ステート・リレー(SSR)は、使用周囲温度によって開閉容量が変化する特性があります。
温度が上昇すると開閉容量が小さくなります。
周囲温度をご確認の上、カタログ記載の「負荷電流-周囲温度定格」のグラフをご確認ください。

なお、入力モジュールには「負荷電流-周囲温度定格」のデータはございません。
使用周囲温度の範囲内であれば、出力定格の値で使用できます。

〔参考〕負荷電流-周囲温度定格