Page top

形CS1/形CJ1/形CJ2のインデックスレジスタとデータレジスタをタスク間で共用する方法を教えてください。

FAQ番号:FAQ02540

 

回答

形CS/形CJシリーズのインデックスレジスタとデータレジスタは、デフォルトでは「各タスクごとに独立して使用する」になっていますが、下記のCPUユニットでは、CX-Programmerを使って「各タスク共通で使用する」に設定変更することができます。

設定変更が可能なCPUユニットとして、形CS1/形CJ1/形CJ2の他に、形CP1H/形CP1Lがあります。


■設定変更の方法

①プロジェクトワークスペースのPLC(新規PC1[CJ1M])をマウスで選択し
す。



        図 1


②メニューバーから[表示] → [プロパティ]を選択します。
③下記のダイアログが表示されますので、赤線で囲んだ部分のチェックを外します。
④パソコン→PLCへのプログラム転送で当設定が変更されます。



              図 2