情報化 in your hand-情報の質に注目し、現場のIoTを一歩先へ-

NX1
今の現場に-コンパクトボディに機能をぎっしり搭載-
一歩先へ-活用可能な意味のある情報を収集-
さらに-制御と情報の融合-

今の現場に

後付けIoTに最適

標準でEtherNet/IP 2ポートとEtherCAT1ポートを搭載。

産業用Ethernet3ポートを内蔵

  • EtherNet/IP
  • EtherCAT

標準でEtherNet/IP 2ポートとEtherCAT
1ポートを搭載。既存のネットワークですぐに利用できます。

さまざまなネットワークをサポート

OPC UAやSLMPの認証を取得しているので、
安心して既存の設備に接続できます。

さまざまなネットワークをサポート
OPC-CUA OPC UAとは…

OPC UA(OPC Unified Architecture)は産業オートメーションなどの業界で、安全で信頼性あるデータ交換を行うために策定されたオープンな国際標準規格で、IEC62541として規格化されています。
製品やOSなどメーカ間の垣根を越えて、セキュアで信頼性の高いデータ交換が行えることから、Industrie4.0のRAMI(Reference Architecture Model Industrie 4.0)モデルの通信として推奨され、それを契機に全世界で関心が高まりました。
また、PLC標準のIEC61131-3と整合され、生産現場(FA)の情報を、上位(IT)のMESやERPと高い信頼性でやりとりできるため、包装機の標準規格PackML(ANSI/ISA-TR88)、成形機の上位接続標準(EUROMAP77)で採用されるなど、全世界の製造機械で普及が進んでいます。
これを受け、オムロンはマシンオートメーションコントローラ NX102/NJ501にOPC UAサーバを標準搭載、FAとITの橋渡しをする産業IoT標準の普及に努めています。

66mmの驚異の薄さ

CPU、電源、Ethernetポート、
全て入ってこの薄さ!

一歩先へ

  • 使える情報はきちんと収集

    オムロンでは、生産タクトや制御周期に同期した使える情報を収集できます。
  • 生産タクトに同期するトレーサビリティ

    生産タクトに同期する全数トレーサビリティ

    1000個/分(約60ms/個)の照合機能性能があるので、生産タクトを落とさずに全数トレースを実行できます。

  • 高速データ収集で予兆保全

    定時同期、全制御周期、ミリ秒間隔でデータベースに書き込めるので、
    機械の挙動をより正確に把握できます。

さらに

制御と情報の融合

制御と情報を融合

オムロンは長年の実績を元に、
制御と情報をコントローラで融合し、
現場のIoT化を実現しています。
もっとも重視したのがマルチコア・プロセッサの採用です。

2つのマルチコア

マルチコアを採用

NX1はマルチコア・プロセッサの性能を最大限に引き出し、
制御性能には妥協せず、マシン制御と情報活用の両立を実現しました。
そのため、1台のコントローラで、モーション制御を行いながら、
全数トレーサビリティが可能です。

アプリケーション事例

食品メーカーA社様液体充填量の精度向上と充填量のデータ収集

液体充填量の精度向上と充填量のデータ収集
課題 液状の食品の瓶詰量が安定しない。仕様以上の量にすると自社の損失だし、仕様以下の量だと、消費者のクレームにつながる。
要望 充填工程の制御に影響を及ぼすことなく、充填量をデータベースへ書き込み、製造履歴を管理したい。 将来的にはライン全体の稼働率モニタリングができようにしていきたい。
導入価値
NX1コントローラとNX-RD ロードセル入力ユニットとの組合せにより、高速高精度の充填を行いながら、DB直結機能により制御に影響なしで充填量をDBへ書き込み、製造履歴が管理できるようになった。さらに、OPC UA標準搭載のため、将来的にライン全体の情報活用が実現できる。


Sysmacは、オムロン株式会社製FA機器製品の日本及びその他の国における商標または登録商標です。
EtherCATRは、ドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスされた特許取得済み技術であり登録商標です。
Safety over EtherCATRは、ドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスされた特許取得済み技術であり登録商標です。
EtherNet/IPTM、CIP SafetyTM CompoNetTMおよびDeviceNetTMは、ODVAの商標です。
OPC、OPC UAはOPC Foundationの商標です。
その他、記載されている会社名と製品名などにつきましては、各社の登録商標または商標です。
スクリーンショットはマイクロソフトの許可を得て使用しています。
本サイトで使用している製品写真や図にはイメージ画像が含まれており、実物とは異なる場合があります。