ホームソリューション 人に頼らざるを得なかった目視検査の自動化
close btn
Solution

人に頼らざるを得なかった
目視検査の自動化

play-btn

Issue

解決すべき課題

製品の高機能化・高精細化に伴う生産ラインの検査負荷は増大
製品の高機能化・高精細化に伴う
生産ラインの検査負荷は増大

製品の高機能化・高精細化に伴い、生産ラインの検査負荷は増大しています。一方で、年間約70万人に上る労働人口減少を受けて検査人員は不足している現実があり、人による目視検査を自動化するニーズが高まっています。

自動化困難な繊細かつ、多様な検査項目
自動化困難な
繊細かつ、多様な検査項目

検査対象物を手を使って動かすことで光の当て方を変えたり、目を細めたりしなければ発見できない微細な欠陥があり、自動化が困難な検査工程が存在します。

Solution

オムロンの解決策

人が欠陥を発見する手・目・脳の働きを再現

人が欠陥を発見する
手・目・脳の働きを再現

発見する

人はモノの微細な欠陥を探す時、対象物への光の当たり方を変えるために手に取って動かす仕草をします。MDMC照明はその仕草を、20万通りを超える照射方法、色、光量の組合せを駆使して再現します。

照射色:赤
照射色:緑
照射色:青
同一商品でも、方向・色・光量によって見え方が異なります

確認する

人は欠陥らしきものを発見すると、より緻密に確認するために対象物に目を凝らします。オムロンは高度な画像前処理技術でこの動作を再現、まるで目を凝らして見た時のように、欠陥を強調して映し出します。

欠陥画像
欠陥画像
ムラ強調フィルタ後画像
ムラ強調フィルタ後画像

判断する

人が欠陥を判断するには基準が必要です。しかし中には、良品バラつきが多く、何をもって欠陥とするか判断が難しい対象物が存在します。オムロンはこのような部品の判断基準のアルゴリズム化をサポート。諦めていた検査自動化を支援します。

モータ×傷
モータ×傷
受動部品×欠陥
受動部品×欠陥
高機能モジュール×クラック
高機能モジュール×クラック
ソリューションに関する
ご質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください

受付時間:8:00〜21:00(365日)

固定電話の場合

0120-919-066

クイックオムロン

携帯・PHS・IP電話の場合

055-982-5015

※通話料がかかります