ページ先頭

Panel SolutionNew Value For Control Panels
MENU

2016/04/02 更新

  • 省スペース/小型化

制御盤の小型化に貢献する密着取り付け

制御盤を小型化させるのに重要なことは、サイズの小さい盤内機器製品を選定することですが、取り付けの間隔はそれと同じぐらい重要です。
取り付け間隔を広く必要とする製品は、製品単体のサイズが小さくても、設置に広いスペースが必要になってしまいます。

究極は、取り付けの間隔が"ゼロ"になる「密着取り付け」

side by side.jpg

オムロンは制御盤を革新的に小型化するためには、密着取り付けが必須と考え、ValueDesign製品群では、
すべての製品について密着取り付けを可能にしました(※同一製品に限る。詳細はデータシート等をご覧ください)。

ついにパワーサプライも密着取り付けが可能に

S8VK-S_1-0.png

パワーサプライは大きな電力を扱うため、他の制御機器に比べて比較的発熱量が多く、これまで密着取り付けは難しい製品でした。
ValueDesign製品群のS8VK-Sシリーズでは、他の製品同様に55℃での密着取り付けを実現(※詳細はS8VK-Sデータシートのディレーティング曲線をご覧ください)。従来品に比べて設置面積の約30%削減が可能になりました(※当社従来比)。

パワーサプライの密着取り付けを可能にした、オムロンの低損失設計技術と熱制御技術

S8VK-S120_hikaku-2-0.jpg

S8VK-Gで培った技術をさらに進化させ、スイッチング損失とトランス・ダイオードなど発熱部品の損失を軽減することで、搭載部品の小型化ならびに高密度実装を実現させています。

cg.jpg

オムロン独自の熱モデリングのノウハウにより、正確で迅速な熱シミュレーション方法を確立しています。それにより、熱の流れをコントロールしながら部品の最適配置が可能になり、ヒートシンクの形状やサイズを最適化することで、製品の小型化を実現するとともに、密着取付も可能にしました。

類似事例ソリューション

  • 省スペース/小型化
制御盤の高機能化
装置の高機能化を実現するために制御盤内に多くの機器を搭載するケースが増えてきました。決められた制御盤スペースで機器を追加するためには小型スリム機器を選定したり、設置スペースの無駄を削減させることが欠か...