ページ先頭

本文

出力に関する用語の説明

●逆動作(加熱)

設定値より温度が低い場合(負の偏差)に対して、操作量を増やすように動作します。

●正動作(冷却)

設定値より温度が高い場合(正の偏差)に対して、操作量を増やすように動作します。

●加熱冷却制御

制御対象の温度制御が加熱のみでは制御が難しい場合、冷却と合わせ制御を行うことがあります。1台の温度調節器から加熱用制御出力、冷却用制御出力をだし制御を行います。

●操作量リミッタ

「操作量リミット上限値」および「操作量リミット下限値」で操作量リミッタの上下限値を設定します。温度調節器が計算した操作量が、操作量リミッタの範囲外になったとき、実際の出力は上限値または下限値に従います。

加熱冷却制御では、冷却側の操作量を便宜上負の値として扱っているので、一般に次の図のように、上限値は加熱側(正の値)、下限値は冷却側(負の値)に設定します。

●変化率リミット

「操作量変化率リミット値」で1秒あたりの操作量の変化量を設定します。温度調節器が計算した操作量が大きく変化したとき、実際の出力は操作量変化率リミッタの設定内容に従って徐々に計算値に近づきます。

●デッドバンド

冷却出力の場合のオーバーラップバンド、デッドバンドを設定します。この値をマイナス値にするとオーバーラップバンド、プラス値にするとデッドバンドとなります。

●冷却係数

制御対象の加熱特性と冷却特性が大きく異なり、同一のPID定数で良好な制御特性が得られない場合は、冷却係数によって冷却側の比例帯(冷却側P)を調整して、加熱側と冷却側の制御バランスをとってください。加熱側および冷却側のPは次の式で求められます。

加熱側 P=P

冷却側 P=加熱側P×冷却係数

冷却側Pは加熱側Pに係数をかけて、加熱側とは異なる特性で制御を行います。

〈加熱側 P×0.8〉

〈加熱側 P×1.5〉

●位置比例制御

オンオフサーボ形とも呼ばれています。
温度制御用にコントロールモータ、またはモジュトロールモータのついたバルブを使用する場合(オープン・クローズ制御)、ポテンションメータでバルブの開度を読み取り、開く(オープン)、閉じる(クローズ)の信号を出し、操作量を伝え制御します。温度調節器の出力はオープン用、クローズ用の2つの信号がでます。
なおフローティング制御(ポテンションメータでバルブ開度をフィードバックしない:ポテンションメータがなくても制御可能)も採用しています。

●伝送出力

制御動作とはまったく無関係に、独立した電流出力を持つ温度調節器があります。温度調節器が測定できる温度範囲で、現在温度の値、または設定値を4~20mA に変換しリニアに出力します。この出力信号を記録計に入力し制御結果を記録できます。形E5□K- □F(伝送出力付き)は、伝送出力の上・下限値設定範囲で出力します。

●最適サイクル制御

・最適サイクル制御とは、半サイクルごとに出力をON/OFFする制御方式です。
・従来のサイクル制御とは違い、半サイクルごとに出力をON/OFFすることで、ノイズの発生を抑えながら応答が速く、高精度な温度制御が可能です。
・最適サイクル制御には、単相ヒータ用SSR(ゼロクロス機能あり)を使用します。

●ソフトスタート最適サイクル制御

・ソフトスタート最適サイクル制御とは、位相制御と最適サイクル制御を組み合わせた制御方式です。
・位相制御と最適サイクル制御のスムーズな切り替わりにより、ハロゲンヒータのような特性の負荷にも突入電流を抑制させた出力の制御が可能です。
・ソフトスタート最適サイクル制御には、単相ヒータ用SSR(ゼロクロス機能なし)を使用します。

●三相用最適サイクル制御

・三相用最適サイクル制御とは、2サイクルごとに出力をON/OFFする制御方式です。
・2サイクルごとに出力をON/OFFすることで、三相ヒータでも最適サイクル制御の使用が可能です。
・三相用最適サイクル制御には、三相ヒータ用SSR(ゼロクロス機能あり)を使用します。

三相ヒータへの接続例を以下に示します。

上記のように接続した場合、操作量50%での各相の電流波形イメージは下図のようになります。