本文

電流総合診断タイプ

モータと負荷両方の状態監視をしたい

※ 測定できるモータはモータ電流1~600Aまでで、1.5~300kw(400V系)、0.75~150kw(200V系)です。
※ サーボモータの測定はできません。

CT選定表

お使いのモータの容量を確認し表のモータ容量のに当てはめて、該当のCT形式をご確認ください。 あてはまるCTが適切にご使用いただけるCTです。

200V系モータ

200V系モータ

400V系モータ

400V系モータ

接続例

テクニカルデータ

モータ容量から電流値を算出する場合は以下の式をお使いください。

(例)5.5kWモニタを200Vで使用する場合

上記計算式に5.5kw, 200Vをあてはめるとモータの電流値は22Aとなり、22Aが計測範囲内にあるCT 形K6CM-CICB025を選定します。
形K6CM-CICB100でも計測範囲が20~100Aで、22Aは範囲内なのでこれでも使用可能ですが、より精度のよい計測のためには、定格電流の小さいCTを優先して選定してください。

注. 上の式では力率、効率は一般的な値、また、負荷率が100%を前提としていますが、実使用環境によっては、実際の電流値と計算値が異なる場合があります。CTの計測範囲の下限値を下回る電流で使用すると、劣化度の計測誤差が大きくなりますので、可能であれば、クランプメータなどで定常運転時の電流を測定し、その電流に応じたCTを選定してください。