事例番号
ap00248
情報更新

電源の交換時期の一元監視

現場の課題

製造ラインの制御盤に設置しているパワーサプライの機器の状態が見えず、いつ、どこで、故障しているか分からないため、現場で一台一台チェックして調査している。

改善の内容

スイッチング・パワーサプライ S8VK-Xなら、パワーサプライの電圧や電流、交換時期などをラインごと、拠点ごとに1ヶ所で監視や確認できます。

  • 電源の交換時期の一元監視

改善のポイント

グローバルで幅広い用途に使われる信方式(EtherNet/IP、Modbus TCP)に対応し、パワーサプライの電圧などのデータをHMIやパソコンで一元管理できます。
設備電源のIoT化を実現し、システム全体の稼働率の最大化に貢献します。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品