事例番号
ap00188
情報更新

制御盤の熱対策で放熱ムラを解消

現場の課題

制御盤内の温度が上がることで故障が起きたり、寿命が短くなる傾向がある。

改善の内容

 Value Design for Panel機器を採用し、盤内機器の高さ・奥行きを統一することで、熱溜まりをなくし通風性を改善します。

※「Value Design for Panel」とは、制御盤内の商品仕様に対するオムロンの共通の考え方であり、これに基づくValue Design商品群を組み合わせて使用することで、お客様の制御盤に新しい価値をもたらします。

  • 制御盤の熱対策で放熱ムラを解消

改善のポイント

熱対策として放熱ムラをなくし、温度上昇を低減。盤内機器の故障率の低下だけでなく制御盤の信頼性向上や長寿命化にも貢献します。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品