事例番号
ap00186
情報更新

制御盤の小型化

現場の課題

納品先の取引企業から制御盤の小型化要求が多いが、機器によって高さがバラバラなためデッドスペースが多く小型化が難しい。

改善の内容

Value Design for Panelの機器なら統一スリムサイズなので、デッドスペースを削減可能。配線ダクト間ピッチを最適化することにより、制御盤の小型化を実現します。

※「Value Design for Panel」とは、制御盤内の商品仕様に対するオムロンの共通の考え方であり、これに基づくValue Design商品群を組み合わせて使用することで、お客様の制御盤に新しい価値をもたらします。


(*1 当社従来品との比較)
(*2 製品の上下10mmスペースをとった場合)

  • 制御盤の小型化

改善のポイント

統一スリムサイズと併せて、密着取付*により、制御盤の省スペース化を実現します。さらに各機器は周囲温度55℃密着取付可能。
*機器によっては密着取付不可の場合もあります。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品