事例番号
ap00099
情報更新

ライトカーテン検出エリアの一部の光軸の無効化(ミューティング)

現場の課題

セーフティライトカーテンを設置する箇所で、常に光軸の一部が機械設備で遮光されてしまうそのため安全対策ができない。

改善の内容

検出エリア内で遮光物体が固定されている場合、設定した光軸を無効化(ミューティング)することで、ライトカーテンの一部を遮光する機械でも安全が確保できます。
※対応機種:F3SJシリーズはF3SJ-A、F3SG-RシリーズはF3SG-RA/F3SG-RR

  • ライトカーテン検出エリアの一部の光軸の無効化(ミューティング)

改善のポイント

セーフティライトカーテンのフィックスブランキング機能により、光軸の一部が機械設備で遮光されていても安全を確保できます。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品