事例番号
ap00098
情報更新

ライトカーテンの水平設置による存在検知と安全距離の確保

現場の課題

作業エリアの作業員検知を、広範囲かつ非接触で行いたい。

改善の内容

セーフティライトカーテンを設置し、危険領域の検出を行うことで、作業員の安全な生産現場を確保します。

  • ライトカーテンの水平設置による存在検知と安全距離の確保

改善のポイント

セーフティライトカーテンを水平に設置し作業者の存在を検知することで、危険領域での安全距離が確保できます。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品