Page top

リレーは、駆動する電圧(コイル電圧)とは異なる電圧の回路を開閉することはできますか?

FAQ番号:FAQ06042

回答

リレーには、入力側(コイル部)と出力側(接点部)が物理的に離れており、絶縁されています。
そのため、駆動する電圧(コイル電圧)とは異なる電圧の開閉が可能です。

●コイル部
 リレーを駆動するための電圧(コイル電圧)は、ご注文時に形式のあとに指定します。
  【形式例】形MY2N DC24 形MY2N AC200/220

●接点部
  接点はONになると導通状態となりますが、電圧は出ません。
  形式ごとに接続できる電圧、電流の値が決められています。
  接続する負荷の種類、電圧、電流に合わせてお選びください。
 
  【選定例】DC24Vでリレーを駆動し、AC100V、10Aのモータを開閉する場合
    例1 MY2 DC24
        定格負荷(DC誘導負荷)はAC220V 2A (誘導負荷 (cosφ=0.4))です。
        AC200V、5Aのモータの開閉はできません。
    例2 LY2 DC24
        定格負荷(DC誘導負荷)はAC110V 7.5A (誘導負荷 (cosφ=0.4))です。
        AC200V、5Aのモータの開閉は可能です。

(2020年4月現在)