Page top

形E5□C(-T)、形E5□Dで入力異常(センサの断線など)の警報を出したい。設定方法を教えてください。

FAQ番号:FAQ05574

回答

補助出力に入力異常を割り付けることで外部に出力することができます。

■設定パラメータ(補助出力を使用する場合)
 ・使用例:
   補助出力1に入力異常を出力したい場合は、補助出力1(Sub1)に入力異常(S.ERR)を設定します。
 ・設定手順はこちらをご覧ください。
 ・補助出力の点数によっては表示されない場合があります。
   例:形E5CC-RX2ASM-000 補助出力は2点なので、補助出力3割付、補助出力4割付は表示されません。
 ・対象機種と補助出力点数については(表1)をご覧ください。
パラメータ 内容 設定値








補助出力1割付
補助出力1に出力する機能を設定します。 入力異常

補助出力2割付
補助出力2に出力する機能を設定します。

補助出力3割付
補助出力3に出力する機能を設定します。

補助出力4割付
補助出力4に出力する機能を設定します。

設定手順 

 ①プロテクトレベル
    初期/通信プロテクト(ICPt) に「0」を設定し、運転レベルに戻ります。
 ②初期設定レベル
   高機能設定レベル移行(AMoV) に「-169」を設定します。
   しばらくすると自動的に高機能設定レベルに入ります。
 ③高機能設定レベル
   出力したいところに「S.Err」を設定します。



(表1) 対象形式と補助出力の点数
               (2019年4月現在)
温度調節器/デジタル調節計   入力機器
シリーズ名
形式
  補助出力の点数
形E5CD/形E5CD-B 形E5CD-□□2□□□-□□□ 2点
形E5ED/形E5ED-B 形E5ED-□□4□□□-□□□ 4点
形E5□C 形E5AC 形E5AC-□□2□□□-□□□ 2点
形E5AC-□□4□□□-□□□ 4点
形E5EC
形E5EC-B
形E5EC-□□2□□□-□□□ 2点
形E5EC-□□4□□□-□□□ 4点
形E5CC
形E5CC-U
形E5CC-B
形E5CC-□□2□□□-□□□ 2点
形E5CC-□□3□□□-□□□ 3点
形E5DC
形E5DC-B
形E5DC-□□2□□□-□□□ 2点
形E5GC 形E5GC-□□1□□□-□□□ 1点
形E5GC-□□2□□□-□□□ 2点
形E5□C-T
(プログラム
 タイプ)
形E5AC-T 形E5AC-T□□2□□□-□□□ 2点
形E5AC-T□□4□□□-□□□ 4点
形E5EC-T 形E5EC-T□□2□□□-□□□ 2点
形E5EC-T□□4□□□-□□□ 4点
形E5CC-T 形E5CC-T□□3□□□-□□□ 3点
なお、制御出力がリレー出力または電圧出力(SSR駆動用)であれば、制御出力にも割り付けることができます。

■お願い
設定パラメータの詳細、操作手順等については、下記商品情報のURLよりカタログ・ユーザーズマニュアルをダウンロードしてご利用ください。
(ユーザーズマニュアルのダウンロードには無料の会員登録が必要です。)