Page top

形E5□Cシリーズの入力補正の設定方法を教えてください。(形E5CC(-T)、形E5DC、形E5GC、形E5EC(-T)、形E5AC(-T))

FAQ番号:FAQ05270

 

回答

形E5□Cでは「PV 入力傾き補正係数」「PV入力補正値」の2つのパラメータを使用して設定します。
「PV 入力補正値」のみを設定する方法と、「PV入力補正値」と「PV 入力傾き補正係数」の両方を設定する方法があります。
(表1)をご参照の上、ご要望の補正内容に合わせてお選びください。

なお、「PV入力補正値」「PV入力傾き補正係数」を誤って設定した場合、以下のようなトラブルが発生する場合が
ありますのでご注意ください。
    ・補正後の温度が入力指示範囲を外れて「S.ERR」のエラー表示が発生する。
    ・測定値が変化しても表示値がほとんど変化しない、または極端に変化する。

(表1) 入力値の補正 設定例
方法 補正の結果と設定値
「PV入力補正値」
のみを設定する。
例1

0.5℃加算
する。

●設定値
 「PV入力補正値」 :0.5
 「PV入力傾き補正係数」:1.000(初期値) *1
例2

0.5℃減算
する。

●設定値
 「PV入力補正値」:-0.5
 「PV入力傾き補正係数」:1.000(初期値) *1
「PV入力補正値」と「PV入力傾き補正係数」の両方を設定する。
例3

入力値500℃を550℃に、入力値1000℃を970℃に補正する。

●設定値
 「PV入力補正値」:130
 「PV入力傾き補正係数」:0.840 

  設定値の求め方は(表2)をご覧ください。
*1 傾きの補正はしません

(表2)  「PV入力補正値」と「PV入力傾き補正係数」の両方を設定する場合の設定値の求め方
 
 ■入力値500℃を550℃に、入力値1000℃を970℃に補正する場合
(1)
補正したい点を2点抽出し、それぞれの点の補正後の現在値を決めます。 ・補正前:現在値 500 ℃
  → 補正後:現在値:550 ℃
・補正前:現在値 1000 ℃
  → 補正後:現在値:970 ℃
(2)
(1)の結果より、「PV 入力傾き補正係数」を求めます。
(補正後の値2-補正後の値1)/(補正前の値2-補正前の値1)
(970-550)/(1000-500)= 0.840
(3)
(2)の結果より、「PV入力補正値」を求めます。
補正後の値-傾きx補正前の値
・550 - 0.840 x 500 = 130 
  または
・970 - 0.840 x 1000 = 130 
(4)
調整レベルにて
「PV入力補正値」「PV入力傾き補正係数」を設定します。
「PV入力補正値」=130
「PV入力傾き補正係数」= 0.840
(5)
運転レベルにて、補正後の値を確認します。

■お願い
 設定パラメータの詳細、操作手順等については、下記商品情報のURLよりカタログまたは
 ユーザーズマニュアルをダウンロードしてご利用ください。
 (ユーザーズマニュアルのダウンロードには無料の会員登録が必要です。)