Page top

熱応答の早い(温度変化の早い対象物に適した)温度センサ、温度調節器(デジタル調節計)を教えてください。

FAQ番号:FAQ04922

 

回答

温度変化の早い対象物に対しては、応答特性のよい温度センサとサンプリング周期が短い温度調節器をお奨めします。

・温度センサ
  シース形熱電対で、保護管径の細いものをご検討ください。
  測温体の応答時間は、(表1) (表2)をご参照ください。
・温度調節器(デジタル調節計)
  サンプリング周期が早い(50msec)、形E5CD/形E5ED-Bシリーズ、形E5ED/形E5ED-Bシリーズ、
  形E5□Cシリーズをお奨めします。(表3)をご参照ください。

■温度センサの応答特性

温度センサと測定対象の温度が一致するまでは、遅れがあります。
この時間のことを一般的に「応答時間」と呼んでいます。

JISでは、温度センサを被測定物に接触させたときから、被測定物の温度の63.2%値に達するまでの時間を「応答特性」としています。
 

(表1) シース形温度センサの熱応答(参考値)

 ●応答時間は、静止した水中にて常温から100℃に温度上昇させ、指示値が63.2%値に達するまでの時間です。

(2019年4月現在)

保護管径
(mm)
熱電対(K、J)
白金測温抵抗体(Pt100)
形式
応答時間
(参考値)
形式
応答時間
(参考値)
φ1 包装機用温度センサ
形E52-CA□AY D=1 S□ □M
約0.1秒
φ1の白金測温抵抗体はご用意しておりません
形E52-CA□AY D=1 □ □M
形E52-IC□AY D=1 □ □M
形E52-CA□AF D=1 □ □M
1秒以下
φ1.6
形E52-CA□AY D=1.6 □ □M
形E52-IC□AY D=1.6 □ □M
形E52-CA□AF D=1.6 □ □M
1秒以下
φ1.6の白金測温抵抗体はご用意しておりません
φ3.2
形E52-CA□AY D=3.2 □ □M
形E52-CA□B-N D=3.2
形E52-CA□C-N D=3.2
形E52-IC□AY D=3.2 □ □M
形E52-IC□B-N D=3.2
形E52-IC□C-N D=3.2
形E52-CA□AF D=3.2 □ □M
1秒
形E52-P□AY D=3.2 □ □M
形E52-P□C-N D=3.2
形E52-P□AF D=3.2 □ □M
2.5秒
φ4.8
形E52-CA□AY D=4.8 □ □M
形E52-CA□B-N D=4.8
形E52-CA□C-N D=4.8
形E52-IC□AY D=4.8 □ □M
形E52-IC□B-N D=4.8
形E52-IC□C-N D=4.8
形E52-CA□AF D=4.8 □ □M
1.8秒
形E52-P□AY D=4.8 □ □M
形E52-P□C-N D=4.8
形E52-P□AF D=4.8 □ □M
4.2秒
φ6.4
形E52-CA□AY D=6.4 □ □M
形E52-CA☐AF D=6.4 □ □M
形E52-CA□B-N D=6.4
形E52-CA□C-N D=6.4
形E52-IC□AY D=6.4 □ □M
形E52-IC□B-N D=6.4
形E52-IC□C-N D=6.4
4秒
形E52-P□AY D=6.4 □ □M
形E52-P□C-N D=6.4
形E52-P□AF D=6.4 □ □M
9.9秒
φ8 形E52-CA□AY D=8 □ □M
形E52-CA□B-N D=8
形E52-CA□C-N D=8
形E52-IC□AY D=8 □ □M
形E52-IC□B-N D=8
形E52-IC□C-N D=8
形E52-P□AY D=8 □ □M
形E52-P□C-N D=8
形E52-P□AF D=8 □ □M
12.9秒
   - データがございません。


(表2) 一般形温度センサの熱応答(参考値)
 ●時間(参考値)は、各試験条件において、指示値が63.2%値に達するまでの時間です。

(2019年4月現在) 

保護管径
試験条件 熱電対(K、J) 白金測温抵抗体(Pt100)
形式
時間
(参考値)
形式 時間
(参考値)
φ12
静止水中にて
常温 → 100℃
形E52-CA□B-N D=12
形E52-CA□C-N D=12
形E52-IC□B-N D=12
形E52-IC□C-N D=12
55秒
形E52-P□C-N D=10 23.6秒
静止水中にて
100℃ → 常温
56秒
静止空気中にて
常温 → 100℃
6分50秒
空気中
送風 1.5m/s
常温 → 100℃
2分2秒
空気中
送風 3.0m/s
常温 → 100℃
1分43秒

 

(表3) サンプリング周期 代表例 
 * サンプリング周期とは、現在値を取り込む間隔です。
   50msecの機種は1秒間に20回、250msecの機種は1秒間に4回、現在値を取り込みます。

(2019年4月現在)

シリーズ、形式
サンプリング周期
形E5CD/形E5CD-B   50msec
形E5ED/形E5ED-B   50msec
形E5□C 形E5DC 形E5DC-B 形E5CC 形E5CC-B 形E5CC-U
形E5AC 形E5EC 形E5EC-B 形E5GC 
  50msec
プログラムタイプ
形E5□C-T
形E5CC-T 形E5AC-T 形E5EC-T   50msec
形E5CB 250msec
形E5□N *1 *2 形E5CN *1 形E5CN-U *1 形E5AN *1 形E5EN *1
形E5GN *2
250msec
高性能タイプ
形E5□N-H
形E5CN-H 形E5AN-H 形E5EN-H   60msec
プログラムタイプ
形E5□N-HT
形E5AN-HT 形E5EN-HT   60msec
形E5□R *3 形E5AR *3 形E5ER *3   50msec
プログラムタイプ
形E5□R-T *3
形E5AR-T *3 形E5ER-T *3   50msec
形E5CS
500msec
形E5CSV 500msec

*1 形E5☐Nシリーズのベーシックタイプ:形E5AN、形E5EN、形E5CN、形E5CN-Uは、

   2017年3月に生産を終了しました。

*2 形E5☐Nシリーズのベーシックタイプ:形E5GNは、2015年3月に生産を終了しました。

*3 形E5☐Rシリーズ、形E5□R-Tシリーズは2021年3月に生産を終了します。
  ・ 関連情報の「生産終了品/代替情報」をご利用ください。