Page top

リレー 炭化物による接触不良

FAQ番号:FAQ04898

 

回答

■故障状況
開閉と共に接点接触面に炭化物(カーボン)が生成し、接触抵抗が高くなり、接触不良となります。



■対策

1.使用上の対策
・誘導負荷の場合、逆起電圧が大きいため、アークも大きくなることより、 抵抗負荷と比べると炭化物が
 数倍発生しやすくなります。
 サージキラーを取り付けることで、きわめて抵抗負荷に近くなり接触信頼性が向上します。

・有機ガスの雰囲気はできるだけ避けてください。


2.リレー選定上の対策 

〔1〕周囲環境の影響を受けにくいタイプのリレーを選定してください。

        (リレーのシール性についてはこちらのFAQをご覧ください。) 

種類 シリーズ 影響
耐フラックス形 (受けやすい)


(受けにくい)
プラスチックシール形 形MYQ
ハーメチックシール形 形MYH

〔2〕寿命について問題なければ、以下を参考に接点材質を選定してください。

    (形MYシリーズの形MY□Z、形MY□、MY4Z-CBGの違いについては、こちらのFAQもご覧ください。)

種類 形式例 影響
銀合金接点(Ag合金)  (受けやすい)







(受けにくい)
銀接点(Ag) 形MY2□
形MY3□ 
金メッキ接点(Auメッキ)  形MY2Z□
形MY3Z□
金張り接点(Auクラッド) 形MY4□
形MY4Z□
クロスバツイン(金張り)接点
(Auクラッドのクロスバツイン接点)  
形MY4Z-CBG

 

■推定原因 炭化物による接触不良原理


1.ソレノイド、バルブ、コンタクタ、リレーなどの誘導負荷に発生しやすく、回路を開いた瞬間の逆起電圧の

 アーク熱により、接点周りの有機ガスが分解または 粉塵などが炭化し、接触ポイントに炭化物が生成します。
 突入時のアーク熱もありますが、遮断時と比較すると影響度は小さくなります。
2.また接点面に炭化物が生成すると、下表の様に最小アーク電流が小さくなるため、

 加速度的に炭化物の生成が促進されることがあります。

 

〔参考〕最小アーク電圧・電流

材料 最小アーク電圧(V) 最小アーク電流(A)
Au 9.5~15 0.38~0.42
Ag 8~13 0.4~0.9
C(炭化物) 15~20 0.01~0.03
 

 

1.炭化物による接触不良が発生する条件

 ・有機物濃度やリレーの機種などによって大きく異なりますので、目安としてご使用ください。

 

 X:発生しやすい  △:やや発生しやすい  〇:発生しにくい ◎:発生しない

負荷の種類 負荷電流 DC12V DC24V DC48V
以上
AC100V AC200V
誘導負荷
(ソレノイド、バ
ルブ、コンタクタ、
リレー等)
10mA 以下
10~100mA
100~300mA
300mA 以上
抵抗負荷や突入電
流も大きく遮断
サージが発生する
負荷(モーター)
10mA 以下
10~100mA
100~300mA
300mA 以上
突入電流の大きい
負荷(ランプ、コン
デンサーなど)
10mA 以下
10~100mA
100~300mA
300mA 以上


2.炭化物を発生させる有機物として、芳香族である不飽和環状化合物(ベンゼン、トルエンなど)や

 排気ガスやタバコの煙などがあります。