Page top

【熱電対】非接地形と接地形の違いは何ですか?

FAQ番号:FAQ04856

 

回答

熱電対と保護管が内部で絶縁されている構造を非接地形、導通している構造を接地形と呼びます。
非接地形は、保護管と熱電対が内部で絶縁されていますので、保護管接触部から熱電対に伝わるノイズの影響を受けにくいといえます。

■非接地形と接地形の違い、特長
非接地形
接地形
内部
構造

 保護管と熱電対は
 絶縁されています。

 保護管と熱電対の間に
 導通があります。
特長
・ノイズの影響を
 受けにくい。
・保護管先端部に溶接
 されている。
・応答が早い。