Page top

■ミラーコンタクト構造(用語解説)

FAQ番号:FAQ03918

 

回答

リレー本体と補助接点ブロックの組み合わせにおいて、リレー本体のa接点(主接点)が溶着した場合、
コイルの励磁を解いても補助接点ブロックのすべてのb接点は、耐衝撃電圧2.5kV以上を満足、
または接点間隔0.5mm以上を確保する構造をミラーコンタクト構造と言います。

ミラーコンタクト機構説明図  
 例:形G7Z-4A-02 (主接点:4a接点、補助接点:2b接点)
  
 耐衝撃電圧:2.5kV以上 または、接点間隔 c:0.5mm以上



●ミラーコンタクトによる安全設計について
リレー本体と補助接点ブロックとの組み合わせにより、EN60947-4-1のミラーコンタクト機構の認証を取得。安全回路のフィードバック回路に使用できます。

■対象形式 形G7Zシリーズ
接点構成 定格
電圧
セット形式
(リレー本体と補助
接点ブロックのセット
単体の形式

接点
補助
接点
リレー本体 補助接点ブロック
4A 2a DC12 形G7Z-4A-20Z-R DC12 形G7Z-4A DC12 形G73Z-20Z-R
DC24 形G7Z-4A-20Z-R DC24 形G7Z-4A DC24
1a1b DC12 形G7Z-4A-11Z-R DC12 形G7Z-4A DC12 形G73Z-11Z-R
DC24 形G7Z-4A-11Z-R DC24 形G7Z-4A DC24
2b DC12 形G7Z-4A-02Z-R DC12 形G7Z-4A DC12 形G73Z-02Z-R
DC24 形G7Z-4A-02Z-R DC24 形G7Z-4A DC24
3A1B 2a DC12 形G7Z-3A1B-20Z-R DC12 形G7Z-3A1B DC12 形G73Z-20Z-R
DC24 形G7Z-3A1B-20Z-R DC24 形G7Z-3A1B DC24
1a1b DC12 形G7Z-3A1B-11Z-R DC12 形G7Z-3A1B DC12 形G73Z-11Z-R
DC24 形G7Z-3A1B-11Z-R DC24 形G7Z-3A1B DC24
2b DC12 形G7Z-3A1B-02Z-R DC12 形G7Z-3A1B DC12 形G73Z-02Z-R
DC24 形G7Z-3A1B-02Z-R DC24 形G7Z-3A1B DC24
2A2B 2a DC12 形G7Z-2A2B-20Z-R DC12 形G7Z-2A2B DC12 形G73Z-20Z-R
DC24 形G7Z-2A2B-20Z-R DC24 形G7Z-2A2B DC24
1a1b DC12 形G7Z-2A2B-11Z-R DC12 形G7Z-2A2B DC12 形G73Z-11Z-R
DC24 形G7Z-2A2B-11Z-R DC24 形G7Z-2A2B DC24
2b DC12 形G7Z-2A2B-02Z-R DC12 形G7Z-2A2B DC12 形G73Z-02Z-R
DC24 形G7Z-2A2B-02Z-R DC24 形G7Z-2A2B DC24

(2020年4月現在)