Page top

■コイルサージ(一般リレー用語解説)

FAQ番号:FAQ03676

 

回答

コイルは特性上、OFF時に逆方向の大きな電圧が瞬間発生します。
この電圧をコイルサージと言います。
コイルサージの影響により、接点にアークによる炭化物や硝酸が生成されたり、トランジスタの場合は、まれに故障することがあります。
保護のために、コイルサージ吸収回路を内蔵したリレーを使用する、コイルサージ吸収回路を外付けするといった対策をお奨めします。