Page top

リミットスイッチのレバーの取り付け角度は、変更できますか?

FAQ番号:FAQ02986

 

回答

形WL-Nシリーズ *1、形D4Cシリーズ、形D4CCシリーズ、形WLシリーズ *2 の一部の機種で、
不動作時のバーの位置を任意の角度に変更し、自由位置をあらかじめ傾けた状態にすることができます。
対象機種は(表1)をご参照ください。

■調整方法

 レバー側面にある六角穴つきボルトでレバー位置を調整してください。
 

(表1) 不動作時のバーの位置を任意に設定できる機種 

シリーズ
種類
代表形式
形WL-Nシリーズ ローラ・レバー形 形WLCA2-N
形WLCA2-7-N
形WLCA2-8-N
形WLCA2-2-N
形WLCA2-2N-N
形WLG2-N *1
可変ローラ・レバー形 形WLCA12-N
形WLCA12-2-N
形WLCA12-2N-N
形WLG12-N *1
可変ロッド・レバー形 形WLCL-N
形WLCL-2-N 
形WLCL-2N-N
形WLGL-N *1
形D4Cシリーズ ローラ・レバー形 形D4C-□□20-□
形D4C-□□24-□ 
形D4CCシリーズ ローラ・レバー形 形D4CC-□024
形WLシリーズ ローラ・レバー形 形WLCA2
形WL01CA2
形WLCA2-2
形WL01CA2-2
形WLH2
形WL01H2
形WLG2
形WL01G2 *2
形WLMCA2
形WLMH2
形WLMG2
形WLMGCA2
可変ローラ・レバー形 形WLCA12
形WL01CA12
形WLCA12-2
形WL01CA12-2
形WLH12
形WL01H12
形WLG12
形WL01G12 *2
可変ロッド・レバー形 形WLCL
形WL01CL
形WLCL-2
形WLHL
形WL01HL
形WLGL
形WL01GL *2

■注意点

動作表示ランプつきの場合、ランプカバーの頂点にレバーが接触することがあるため、調整にご注意ください。
フォーク・レバー・ロッド形、スプリング・ロッド・レバー形の取りつけは、物理的には可能ですが、保証外です。
レバーの角度によっては接触することがありますので、実使用条件で問題ないことをご確認の上、ご使用ください。

 

*1 高感度形、高精度形は2016年9月に生産を終了しました。
   代替品の確認方法についてはこちらのFAQをご覧ください。

*2 2019年3月に生産を終了しました。代替品の確認方法についてはこちらのFAQをご覧ください。

 

 

(2019年10月現在)