Page top

温度センサ(形E52シリーズ・熱電対、白金測温抵抗体)を曲げて使用することはできますか?

FAQ番号:FAQ02968

 

回答

シース形の測温体は曲げることは可能です。
一般形(保護管径10mm以上)、ローコスト形は曲げ加工はできません。

〔注意点〕
・シース形測温体の最小許容曲げ半径は保護管径の5倍程度とし、同一箇所での繰り返しは避けてください。
・急角度に曲げた部分を再度伸ばして使用すると、内部で断線したり素線のひずみが生じるおそれがあります。
 また、溶接部では曲げないでください。
・低温を計測中は、保護管がもろくなりますので曲げ加工はしないでください。
・シース形測温体は測温部を保護するため先端部より100㎜以内は曲げ加工を避けてください。

■形E52 曲げ加工可能な機種
 形式の中の「D=☐」は保護管径(㎜) を表します。
種類
形式
リード線直出し形
端子露出形

端子内蔵形

白金測温抵抗体
Pt100
形E52-P□AY D=3.2 □M
形E52-P□AY D=4.8 □M
形E52-P□AY D=6.4 □M
形E52-P□AF D=3.2 □M
形E52-P□AF D=4.8 □M
形E52-P□AF D=6.4 □M
形E52-P□B-N D=8 形E52-P□C-N D=3.2
形E52-P□C-N D=4.8
形E52-P□C-N D=6.4
形E52-P□C-N D=8 
熱電対 
K
形E52-CA□AY D=1 □M
形E52-CA□AY D=1.6 □M
形E52-CA□AY D=3.2 □M
形E52-CA□AY D=4.8 □M
形E52-CA□AY D=6.4 □M
形E52-CA□AY D=8  □M
形E52-CA□AF D=1 □M
形E52-CA□AF D=1.6 □M
形E52-CA□AF D=3.2 □M
形E52-CA□AF D=4.8 □M
形E52-CA□AF D=6.4 □M
形E52-CA□AF D=8  □M
形E52-CA□B-N D=3.2
形E52-CA□B-N D=4.8
形E52-CA□B-N D=6.4
形E52-CA□B-N D=8
形E52-CA□C-N D=3.2
形E52-CA□C-N D=4.8
形E52-CA□C-N D=6.4
形E52-CA□C-N D=8
J
形E52-IC□AY D=1 □M
形E52-IC□AY D=1.6 □M
形E52-IC□AY D=3.2 □M
形E52-IC□AY D=4.8 □M
形E52-IC□AY D=6.4 □M
形E52-IC□AY D=8  □M
形E52-IC□B-N D=3.2
形E52-IC□B-N D=4.8
形E52-IC□B-N D=6.4
形E52-IC□B-N D=8
形E52-IC□C-N D=3.2
形E52-IC□C-N D=4.8
形E52-IC□C-N D=6.4
形E52-IC□C-N D=8


☆☆