Page top

■直接開路動作機構(強制開離機構)(セーフティ・ドアスイッチ/セーフティ・リミットスイッチ/非常停止用押ボタンスイッチ用語集)

FAQ番号:FAQ02355

 

回答

接点に溶着が発生してもアクチュエータ(操作部)の押し込む直接の力によって溶着した接点を引きはがす機構のことです。
なお、直接開路動作機構(強制開離機構)を有するセーフティコンポーネントには
マークが銘板に表示されています。


■直接開路動作機構(強制開離機構)のメカニズムについて。

  

ひきはがし完了では、接点部に加わる力10N(接点溶着力に相当)に対して、規定された操作力(DOF相当)(関連FAQを参照)
またはストローク(DOT相当)を加えたとき、
接点間には規定のインパルス耐電圧(EN60947-5-1)をクリヤーできる絶縁性能を有しています。