Page top

負荷の種類と突入電流について教えてください。

FAQ番号:FAQ02165

 

回答

以下、代表的な負荷の種類と突入電流です。
スイッチやリレー、ソリッドステート・リレー(SSR)などをご選定の際は、お使いになる負荷をご確認ください。

(1) 交流(AC)負荷の種類と突入電流
(2) 直流(DC)負荷の種類と突入電流


(1) 交流(AC)負荷の種類と突入電流

交流(AC)では、負荷により突入電流の値が異なります。下表もあわせてご覧ください。

・波形
 
分類
説明
負荷の種類
突入電流 *1
抵抗負荷  
電圧をかけると一定の電流が
流れます。
 
ヒーター
(ニクロム)
1倍
*2
誘導負荷 突入電流が流れます。 リレー
約2~3倍
ソレノイド
約10倍
モータ
約5~10倍
ランプ・
コンデンサ
負荷
誘導負荷より更に大きな突入電流が流れます。 白熱電球
ハロゲンランプ
約10~15倍
コンデンサ
約20~50倍
トランス負荷 一次側の電源を投入した瞬間に大きな励磁突入電流が流れます。 トランス 約10~20倍
*1 突入電流「○倍」とは、定常電流に対する突入電流の目安を表します
*2 ヒータ負荷は基本的には突入電流は発生しません。
    ヒータの種類によっては、温度によって抵抗値が変化するものがあります。
  この場合、常温時に抵抗値が低いため突入電流が発生するので注意が必要です。
  〔突入電流が流れるヒータの種類〕
   ・純金属系のヒータ   定格電流の約3~5倍
   ・セラミック系のヒータ 定格電流の約3~5倍
   ・ランプヒータ     定格電流の約10~15倍


(2) 直流(DC)負荷の種類と突入電流

直流(DC)では、突入電流がない負荷もございます。(例:リレーコイルなど)

・グラフ

 ( )内は突入電流の大きさの目安を表します。