Page top

電極保持器:形PS-□Sと電極棒の接続方法を教えてください。

FAQ番号:FAQ00762

 

回答

下表をご覧ください。

■電極保持器 形PS-□S(R) 電極棒との接続手順
 (対象形式:形PS-3S 形PS-4S 形PS-5S 形PS-3SR 形PS-4SR 形PS-5SR)

 ・浄水などで流れの速い場合、波立ちの大きい場合は防波管を設置をお奨めします。
  詳細はこちらのFAQをご覧ください。
 ・電極棒の延長する場合はこちらのFAQをご覧ください。
  なお、電極棒の長さ(延長する本数)により必要な部品の数量が異なります。
 ・保護カバー:形F03-11の取付方法はこちらのFAQをご覧ください。
 ・電極保持器:形PS-□Sの取付方法はこちらのFAQをご覧ください。
手順
取付方法
1
マイナスドライバをキャップの左右にある溝に入れ、交互にこねるようにしてカバーをはずしてください。

片側の溝だけで無理にこねると、カバーが割れる場合がありますのでご注意ください。
2
ケース締めつけねじ2本をゆるめ、ケースを持ち上げてベース部をはずしてください。


以下のような構成にわかれます。
3
ベースをあらかじめ施工されているφ54カップリングなどへ取付します。
4
ケースに電極棒を回転が止まるまでねじ込み、ロックナットで締めつけてください。
その後、電極固定ねじ M3.5を締めつけます。
(締めつけトルク0.45~0.55N・m)
6
ケースをベースに取りつけます。
(締めつけトルク0.7N・m)
7
キャップノズル部は配線の太さに応じて、カッターナイフなどで切り、配線径に合わせて下さい。
8
電線を配線用端子に接続します。
9
カバー部後ろのツメをケース後部の穴へ入れます。

カバー前部をパチンと音がするまで確実に押しつけて取りつけてください。    

(2019年10月現在)