Page top

警告

E6F-C ご使用の前に 2

安全を確保する目的で直接的または間接的に人体を検出する用途に本製品は使用できません。
人体保護用の検出装置として本製品を使用しないでください。

使用上の注意

定格を超える周囲雰囲気・環境では使用しないでください。

配線時

コード延長特性

・コードを延長すると、出力波形の立上り時間が長くなりA、B相の位相差特性に影響します。
*推奨コード
 導体断面積:0.2mm2
 スパイラルシールドつき
 導体抵抗:92Ω/km以下(20℃)
 絶縁抵抗:5MΩ/km以上(20℃)

・出力波形の立上り時間はコード長の他に、負荷抵抗、コードの種類により変わります。

・コードを延長すると立上り時間の変化の他に、出力残留電圧が高くなります。

接続時

・電源投入時、しゃ断時に誤パルスが発生する場合がありますので、後続の機種は電源の投入より0.1秒後、しゃ断より0.1秒前でご使用ください。
また、電源投入時は、エンコーダ電源の投入後に、負荷電源を投入してください。

・コンプリメンタリ出力の場合、負荷短絡保護回路が働くと出力OFFとなります。解除するには電源を一度しゃ断して負荷の配線状態を確認し、しゃ断より0.2秒以上間をあけてから再度電源を投入してください。