Page top

警告

E2EY ご使用の前に 2

安全を確保する目的で直接的または間接的に人体を検出する用途に本製品は使用できません。
人体保護用の検出装置として本製品を使用しないでください。

使用上の注意

定格を超える周囲雰囲気・環境では使用しないでください。

設計時

周囲金属の影響

周囲金属物に対しては、下表の寸法以上離して使用ください。

E2EY ご使用の前に 5

相互干渉

対向または並列に配置される場合は、下表に示した値以上でご使用ください。

E2EY ご使用の前に 7

注. 鉄(磁性金属)を通してのアルミ(非磁性金属)の検出はできません。

取りつけ時

ナットは過大な力で締めつけないでください。締めつけ時は必ず歯付座金を使用してください。

E2EY ご使用の前に 9

注1. ヘッド先端からの距離により許容強度が異なります。図のA部とB部での締めつけ許容強度を下表に示します。(A部とはヘッド先端から下表の寸法までの範囲です。B部は図のように、ヘッド側のナットも含みます。したがって、このナット端が少しでもA部に入る場合は、A部の強度を適用してください。)
  2. 下表締めつけ許容強度は座金を使用した場合の値を示します。

締めつけ強度 A部 B部
形式 寸法(mm) 強度(トルク) 強度(トルク)
形E2EY-X4C1 22 15N・m 49N・m
形E2EY-X8C1 26 39N・m 78N・m