Page top

E3X-DA-N

デジタルファイバセンサ

E3X-DA-N

「使い易さ」と「高性能」を極限まで追求した真の究極ファイバアンプ

形E3X-DA11TW/ DA41TW/ DA6TW/ DA8TWは2012年3月、形E3X-DA11D/ DA11-N/ DA41-N/ DA6(D)/ DA8は2017年3月受注終了。

※ Web特別価格提供品

新方式のコネクタタイプで、省配線・省スペース・メンテナンス性向上を実現【業界初】【特許申請中】

省配線コネクタを採用したコネクタタイプは、3芯の親コネクタを介して、1芯の子コネクタに電源を供給します。
そのため、以下の3つが可能になりました。
1.配線作業の大幅削減
2.中継コネクタ不要によるスペース効率の向上、費用の低減
3.アンプ部に親/ 子の区別がないことによるシンプルな在庫管理

E3X-DA-N 特長 1

オートパワーコントロール(APC)回路の採用によるスーパーデジタル表示【業界初】

センサの投光素子であるLEDは経年変化によって光量の劣化をひき起こし、安定した検出ができなくなることがあります。
形E3X-DA-Nシリーズは、ファイバセンサで初めてAPC(オートパワーコントロール)回路を採用することで、このデジタル値の変動をなくしてシビアな検出を実現しました。
液晶ガラスの安定的検知など微妙な検出に最適です。

E3X-DA-N 特長 2

消費電力、最大約70%カット

1800mW から600mW と消費電力を最大約70%削減しました。(デジタル表示消灯時)

E3X-DA-N 特長 3

デジタル表示をRUN中に全消灯または暗点灯に変更可能【エコモード】

RUN中にデジタル表示を見る頻度が少ない用途で表示を全消灯/暗点灯させることにより、消費電流を抑えることができます。(モバイルコンソールにてのみ設定可能)

携帯電話サイズの新世代モバイルコンソール。
究極のファイバアンプの力をさらに引き出します

リモート設定/調整機能
ファイバ先端部で設定/ティーチング/微調整が可能。

モバイルコンソールの採用で、従来アンプ部でしかできなかった設定やティーチングがファイバ先端部で可能になりました。ワークの位置などを確認しながらシビアな調整ができます。

E3X-DA-N 特長 6

一括ティーチングで複数のアンプも一発でチューニング。

複数台のアンプで面倒だったティーチングをモバイルコンソールにより一括で行えます。

E3X-DA-N 特長 7

一括ゼロリセットで光量値のバラツキなし。

一括ゼロリセット機能で、複数台のアンプの光量値を一括して「0」に揃えることができます。アンプ個々の数値のバラツキをできるだけ抑えたい時などに有効です。

E3X-DA-N 特長 8

操作中のアンプのセンサヘッドをフラッシングまたはアンプチャンネル表示可能

操作中のアンプとセンサヘッドが離れていても、センサヘッドをフラッシングさせたり、アンプチャンネルを表示したりすることができます。

E3X-DA-N 特長 9

光量値としきい値を同時に表示可能

E3X-DA-N 特長 10