Page top

New

K6CM

モータ状態監視機器

K6CM

三相インダクションモータ/ポンプの状態を数値化。アラーム出力しきい値は初期値設定済み。現場に合わせてカスタマイズ可能。電流総合診断はモータの各部と負荷側を合わせて総合的に劣化検出可能。三相インダクションモータ/ポンプの絶縁抵抗を活線状態で測定可能

※ Web特別価格提供品

モータメンテナンスの匠!

本当は、見つけられる。モータ異常の兆候。K6CMならモータの最適なメンテナンス時期把握にお役立ちできます。

工数のかかる巡回点検も、属人的な検査ノウハウも不要。

K6CMが、モータのメンテナンス時期をお知らせします。

【課題】

防ぎたくても難しい、経年劣化によるモータ故障…。

従来のモータ状態点検はチェック項目が複数あり、メンテナンス時期の判断には熟練した保全員のスキルが必要でした。
また、点検対象モータが多く、巡回点検に大きな工数がかかっていました。

巡回点検によるチェック項目(一例)

K6CM 特長 5

モータの故障モード

K6CM 特長 6

【オムロンからのご提案】

モータ故障前にメンテナンスを実現できます。

K6CM電流総合診断タイプならモータの電流波形を見ることで、モータの状態を常時監視できます。
また、しきい値設定ができるので、人に依存することなく、モータのメンテナンス時期がわかります。

電流総合診断とは

K6CM 特長 9

ベアリングや回転軸、減速機などの負荷に異常が発生すると、モータの回転がスムーズではなくなり、モータの電流波形にひずみが発生します。
このひずみを劣化度として計測しています。

生産現場の信号灯で

K6CM 特長 10

保全室のPCで

付属ソフトウェア「Motor Condition Monitoring Tool」により、離れた場所からモータの稼働状況を把握できます。
※ 画面はイメージです。

K6CM 特長 11
K6CM 特長 12

あらゆる設備の動力源である三相インダクションモータを監視。