Page top

3G3MX2-V1

多機能型小型インバータ MX2シリーズV1タイプ

3G3MX2-V1

位置決め、速度コントロールに強い。応答時間にこだわったマシン制御用インバータ

EU指令改正(2016/4/19~)について、当社2015年10月生産分より準拠しております。2015年9月以前の生産分につきましては準拠しておりませんのでご注意ください。

※ Web特別価格提供品

Sysmac Library

コントローラNJ/NX/NYシリーズ上で動作するソフトウェア機能部品集「Sysmac Library」がダウンロードできます。 注. 温度制御ライブラリ、制振制御ライブラリ、サーボプレスライブラリ、包装機ライブラリについては当社販売員にお問い合わせください。

Amazing in Control

高始動トルク、高速応答によりマシンのパフォーマンスに貢献。
またオプションユニット装着で、主要なオープンネットワークに対応しています。

Torque master

3G3MX2-V1 特長 2

MX2シリーズV1タイプは静止に近い(0.5Hz)状況で、200%の始動トルクを提供しており、開ループモードにおけるトルク制御で作動できます。これにより滑らかで、素早い負荷コントロールが可能です。

Easy network integration

3G3MX2-V1 特長 3

オープンネットワークのEtherCAT、CompoNet、DeviceNetに対応(通信ユニット装着時)。高速のEtherCATでは、オムロンのSysmacシリーズで入力から出力までの機械全体のソリューションをご提供します。

Easy communications setting

3G3MX2-V1 特長 4

RS-485ポートを内蔵しており、Modbus-RTU機能を標準搭載。CP1H/LおよびCJシリーズPLCとならModbus-RTU経由でMX2シリーズV1タイプをコントロールするのに便利なFBもご用意しています。

Safety in Control

ISO 13849-1(安全カテゴリ3/PLd)に対応したMX2シリーズV1タイプには、安全入力2点とEDM(セーフティモニタ)出力1点が内蔵されています。
モータに外部コンタクタが不要なため、配線が簡単です。

Safety embedded; ISO 13849-1, cat 3

3G3MX2-V1 特長 6

モータ停止させるためのコンタクタが不要になり、しかも、オムロンのセーフティコントローラと安心して組合せることができます。
ISO 13849-1(安全カテゴリ3/PLd)と IEC 60204-1 Stop Category 0 に対応。

MOTOR CONTROL Permanent magnet motors

3G3MX2-V1 特長 7

高効率モーター規制に対応した、PMモータが制御できます。PMモータを使用することで、さらなる省エネ化を推進し、地球にやさしいマシンコントロールを実現します。

Position and run!

インバータに位置制御機能を搭載。MX2シリーズV1タイプでは、新たに「再位置決め機能」、「電源遮断時位置データ保存機能」、「現在位置プリセット機能」を追加し、簡単な位置制御が必要なマシンに最適です。

Speed synchronisation

3G3MX2-V1 特長 9

パルス列入力機能を標準搭載し、PG信号をフィードバックにV/f制御を実現。速度フィードバックにより、高精度で安定した速度制御が可能です。

Positioning functionality

3G3MX2-V1 特長 10

外部コントローラなしで、簡単な位置制御を行うことができます。8ポイントまでの位置と原点を設定可能。速度制御と簡易位置制御を切り替えることもできます。

Program and play!

MX2シリーズV1タイプなら、標準搭載されている簡易シーケンス機能を使ってスマートなソリューションを作成することもできます。1タスク1000行までのプログラムを作成することができ、5つのタスクの並行処理も実現できます。

Free to program

3G3MX2-V1 特長 12

インバータのプログラミングでマシンに最適なプログラムを作成できます。最大1000行のコードと5つのタスクを同時実行できます。プロ グラム言語も二種類提供することで、選択肢が広がります。(CX-Drive Ver.2.80以降で対応)