Page top

ZW

ファイバ同軸変位センサ

ZW

超小型・超軽量。どんな材質でも安定測定。強いセンサヘッド構造のファイバ同軸変位センサ。通信機能として、EtherCAT(R)、EtherNet/IP(TM)を新搭載。

※ Web特別価格提供品

センシングコンポ編 p.566

超小型・超軽量

装置の狭小スペースに

装置に組み込みやすい□24mmの小型軽量センサヘッドです。

ZW 特長 2

取り付け面積は1/7*削減

*当社従来比

従来の三角測距の場合、材質に応じて、拡散反射・正反射取り付けの使いわけが必要でした。しかし、ZWシリーズは同軸共焦点のため取り付け方を変える必要がありません。

ZW 特長 4

隙間スペースに取付け

小型電子部品の厚み検査

ZW 特長 5

従来の三角測距センサでは、装置のスペース制限やセンサの発熱・相互干渉のために 難しかった、多点・羅列での取り付けも、小型 ・ 非発熱のZWシリーズなら可能です。 ライトアングルタイプを使用すれば、ワーク上の狭スペース部に折り返しミラーなしで設 置できます。
またこれまでワークの厚みを測定する場合、ステージ面とワーク上面の高さの差を厚み と考えることが一般的でしたが、ステージ下部の狭スペースにZWを設置し、ワーク上下 面の高さを直接測定することで、より高精度に厚みを検査することも可能になります。

どんな材質でも安定測定
しかも抜群の角度特性

材質が混在しても同一設置で安定測定

材質ごとにセンサの取替えや機能のチューニングをすることなく、材質が混在する対象物でも安定した測定を1つのセンサ、設置で継続できます。

ZW 特長 8

材質の変わり目も安定測定

ZW 特長 9
ZW 特長 10

(掲載している測定グラフはすべて代表例です。)

抜群の角度特性

従来の三角測距方式では、鏡面体を測定する場合、センサの取り付け角度により性能が大きく劣化していました。ガラスの搬送高さ制御などで複数のセンサを使用する場合、設置時に各センサを高精度に角度調整する必要がありました。
同軸共焦点のZWシリーズでは、シビアな角度調整なしで高精度に測定できます。
このため、調整冶具のコスト・スペースを削減、調整時間も短縮できます。

* 保証値ではありません。
  代表例はカタログの特性データを参照してください

ZW 特長 12
ZW 特長 13

強いセンサヘッド構造

ノイズレス【EMC対策の工数削減】

ノイズを受けない

ZW 特長 16

一般的なセンサで高精度な測定を行うためには、周囲の機器が発する電磁ノイズの影響を受けないよう対策が必要です。しかし、ZWシリーズのセンサヘッドにはノイズの影響を受ける電子部品がないので、動力部付近に設置しても安定して測定できます。さらに、センサヘッドとコントローラをつなぐファイバケーブルは動力線などノイズを発しやすいケーブルの近くに配線しても影響を受けません。

ノイズを出さない

ZW 特長 17

ZWシリーズのセンサヘッドやファイバケーブルには電子部品がなく電磁ノイズを発生しないので、いろいろな機器を組み合わせる装置に安心してお使いいただけます。

発熱ゼロ【熱設計の工数削減】

ZW 特長 18

装置を高精度制御する場合、センサヘッドが発する熱は周囲の機器に影響を与え誤差を発生させる要因の一つとなります。ZWシリーズのセンサヘッドには発熱源がないため周囲の機器に影響を与えません。またセンサヘッドを複数隣接設置する用途にも安心してお使いいただけます。

電子部品レス【保守用コストの削減】

ZW 特長 19

稼働部などの振動が加わる場所に取り付けることが多い変位センサには、壊れにくいことも重要なポイントです。ZWシリーズのセンサヘッドは、レンズとファイバのみで構成されており、電子部品や基板は含まれていません。構成部品が従来の三角測距に比べ大幅に少ないため故障しにくいセンサヘッド構造で、メンテナンス回数も格段に減ります。また、LED光のためレーザ光源のような厳しい安全対策も不要です。

マシンコントロールネットワーク EtherCAT

EtherCATはマシンコントロールに最適化された高速オープンネットワークです。センシング結果を元にマシンの動作を制御するマシン制御アプリケー ションをより高精度に、そして効率的に設計するために、ZWではオムロンの変位センサではじめてEtherCATを搭載し進化しました。

高さ情報と位置座標の結合

EtherCATを使ってサーボドライバやエンコーダ入力スレーブとつなぐことで位置 座標とZWの変位量を高速に取得することができます。高さ情報と XYの位置座標との紐付けが容易なので、マシン制御の用途で は高さに応じた加工 精度の向上、検査用途では異常個所特定や傾向管理などの保全に 役立ちます。

ZW 特長 21