Page top

電気設備の高精度漏電監視と絶縁劣化傾向の見える化を実現します。

形K6ERは、零相変流器(ZCT)検出による漏電電流Ioと基準電圧との位相差から抵抗分漏電電流Ior(アイゼロアール)を演算し、感電や火災の原因となる抵抗分漏電電流Iorの監視が可能な漏電監視リレーです。
※但し、インバータ2次側の漏電等は検出できません。

高度な測定を簡単に

基準電圧を入力し、零相変流器(ZCT)検出による漏電電流Io信号を取り込み、本体の計測適用回路を設定するだけで簡単にIor測定ができます。

K6ER 特長 3

絶縁劣化傾向の見える化

Io値とIor値を検出できるので、成分分析を行うことで感電、火災のリスク判断がしやすくなります。また、漏電値と時刻が履歴として残るため、漏電原因追求に効果を発揮します。PCやPLCによるモニタリングも可能です。本体がコンパクトだから、一時的なデータ取りといった使い方もできます。
形K6ERロギング&設定ソフト(無償)を準備。当社ホームページよりダウンロードしてご使用ください。

動作環境

本ツールが動作するためには以下の環境が必要です。

K6ER 特長 5
K6ER 特長 6

漏電電流値を確認可能

運転時Ior測定値、警報整定値を表示、キー操作でIo値の値を確認できます。
また、警報出力時にはLCD表示部のバックライトが赤色に変化します。

K6ER 特長 8
K6ER 特長 9

2段階の警報出力

プレアラーム機能で漏電電流を2段階で出力できます。
(予備警報として機能します)

K6ER 特長 11